プレス抽出について ②(最初の印象/プレス未体験の方へ)

さて、フレンチプレスで抽出したコーヒーの味わいは、特にドリップで濃いめにいれたものになれている方は「うすい」「もの足りない」「パンチがない」とお感じになる方が多いのではないでしょうか。実は何をかくそう私も最初にプレスのコーヒーを飲んだときには「うすいなあ」と感じました。

そのように感じるのには理由があります。少し難しくいいますとドリップは「透過式」、プレスは「浸漬式」といいます。お湯をコーヒーの粉にくぐらせ(透過させ)るか、つけ込む(浸漬させる)かの違いです。詳細は長くなりますので省略しますが、この違いが出来上がった液体の濃度感をつくっていると考えられます。

濃い、薄いはどちらかが絶対的に良い悪いではないと思います。

人によっては微粉が若干カップに入るために濁った液体になります。が、この微粉は舌で感知できる粒子の大きさではなく、舌触りに影響を与えることはありません。

これよりも明らかに大きな粉は最初、少し液体を捨てることで、カップに入ることを最小限に防げるでしょう。

かくいう私もかつてはペーパー、ネルドリップ派だったのですが、スペシャルティ コーヒーに出会い、自宅で何度かプレスで飲んでいるうちにはまっていったのです。

また、スペシャルティ コーヒー+プレスの場合、かなり高い温度、極端にいえば沸騰したてのお湯を使って抽出しますので、かなり熱い温度でのご提供になります。従いまして、香りの成分は熱いうちの方が分かりやすいのですが、味に関しては少し冷めた状態の方がより分かる可能性があります。(あまり熱いと感じにくいです。)

沸騰したての湯を使用するのは「スペシャルティ コーヒー」というグレードのコーヒーを使用することが前提です。

プレス抽出について③(味わいの特長)へ

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close