やっぱりカッピング!なんですが。。

関西で刺激を受けて帰ってきまして、もう一度一からカッピングを学ばせていただかねばならないと思いました。

スペシャルティコーヒーと言葉や文字にすることは簡単なのですが、実際に扱いきるにはなかなか手強い相手なんです。(手強いからこそ面白いのですね)

「これこれこういうものがスペシャルティコーヒーです」というお墨付きを国が与えたり、法律で決まっている訳ではありません。しかし、そこがかえってお客様にわかりにくくさせている可能性があります。(お墨付きがあった方が良いということではありません。)

「どういうものがスペシャルティコーヒーなんですか?」
というシンプルかつ一番素朴と思われるお客様からのご質問に対し、ご納得いただけるよう的確にお答えすることは案外難しいことに気づかされます。

一言であえて申しあげるならば、要するに「おいしいコーヒー」がスペシャルティコーヒーなんですね。

なんだそれは!?とお叱りを受けそうですね!

少しだけ補足しますとそのおいしさが「すごくおいしい」「とても印象的!」「なんだかコーヒーじゃないみたい!」「これなら飲める!(コーヒー嫌いの方などが)」と感じていただけることが必要だと思います。これらを見つけ、お伝えするために必要なのがカッピングだと思います。

そして大切なことは、最終的にそのおいしさはお客様にご判断いただくということです。

実はそういうものをきちんとお客様へ伝え、お届けするためにはただ単純に「素材ありき」あるいは「ブランド」だけでは何かが足りないのではないかと開業以来、ここ数ヶ月の間ずっと感じていたところです。

その「何か」を探しに行かなければなりません。

そういう意味では、この場所に立ち止まっている時間はないのではないか!とここ最近強く思っています。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close