友里征耶氏とその後

10万ヒット/日のサイト友里征耶の行っていい店、わるい店内のtomosato blog 12月22日更新分に期せずして掲載していただきましたのは、年末に届いた弊店にとってはクリスマスプレゼントのようなものでした。

その後、多くの方からご反響をいただきました。また、当ブログを見ていただきました同業の方から焙煎や生豆に対する考え方につきまして、大変参考になりますありがたいご意見、ご指摘も頂戴いたしました。この場をお借りして心より御礼申しあげます。今後の取組みに是非生かしていきたいと思います。

現時点での弊店のコーヒーに対するコンセプトは、スペシャルティコーヒーが持つ味の多様性ワインのように、そしてお気軽に、楽しく、どなたにでも(今までコーヒー嫌いだった方にも)お楽しみいただきたいということです。

そういったことを実現していくために、生豆は?、焙煎は?、お客様への提案方法は?と自然と取り組む方向性が決まってくるように思っております。

私の開業する以前のバックグラウンドは外食産業やコーヒー業界にはありません。以前はおおまかにいいますと、自動車を核にした、先進性や高付加価値を一般ユーザーへご提案させていただく立場にありました。

スペシャルティコーヒーに関していえば、私のプロフィールをご覧いただければお分かりになりますが、開業準備期間を含めても4年程度の業界キャリアしかないのです。このことは弱点でもありますが、特長にもなりうると考えております。「弊店ならではの」ことをご提案し続けていきたいと思います。

さて、友里氏とのその後ですが、メールで何度かやりとりをさせていただきました。お礼にと私からコーヒーなどを送ってしまいますと、アンチ友里の方から「キックバック」と言われてしまいそうですので、やはり友里氏へは自分で訪問させていただいたお店の感想などを、一人の食べ手として素直に送らせていただくことかなと思っています。

また、機会を見つけまして東京へ出張時などに食事をさせていただきたいと考えております。

友里氏の最新刊ガチミシュラン(講談社刊)は、レストランガイドの雄ミシュラン東京の89店を自己負担、覆面で訪問し、一般顧客の立場から友里氏のフィルターで再評価、再評論するというユニークな切り口の本です。

ミシュラン東京に関しては、権威ある格付け本ということではなく、レストラン&ホテルガイド本の一つであると個人的には考えています。審査員のキャリアやミシュラン独自の審査基準というフィルターを介していることを読者側も意識する必要があることは他のガイド本と何ら変わらないと思います。

ミシュランガチミシュランも星の数に関わらず、最終判断は自分の舌でするということが基本であることには、他のガイド本と同じですね。ただ言えることはミシュラン東京は本家フランスの赤本とは随分印象が異なることだと思います。

本家にある星無し店(ビブグルマン)を掲載すれば、大変興味深いガイドブックになるだろうと個人的には思っています。

  • ペーパーフィルターでコーヒーを入れると味が落ちるの?

    毎日欠かさず飲んでいるほど、コーヒー#63697;好きな私です(^^;;)最近は薄めのコーヒーが好みなので、「還元水」で淹れてることが多いですね。味がとってもマイルドになるので、濃いコーヒーが飲みたい時は、「浄水」を使って淹れます。そのほうが、苦みやコクがしっかりとしてるんですよ(^^)bさて、あるサイトのニュースで、「コーヒーメーカーのペーパーフィルターがコーヒーを薄味にする?」という記事をみつけました。ペーパーフィルターは、コーヒーの油分やエッセンスまでフィルタ……

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close