アイスコーヒーは深煎り!?

アイスコーヒー深煎りのコーヒーで作ることが通り相場のようです。

最近、暑くなるに従い「アイスコーヒー用の豆はないですか?」と聞かれることが多くなりました。

弊店では特にアイスコーヒー用のコーヒーというのはございません。確かに冷やして飲む場合、酸が強く出る傾向があったり、氷が溶けて薄まるという理由で深いローストのコーヒーを使用することが多いようです。

しかし、ガムシロップもミルクも入れずに、さわやかな後口で飲むには、必ずしも深いローストの豆は必要はないのではないかと考えております。

手間は多少かかりますが、急冷したアイスコーヒーさわかな感覚が際立ちます。

勿論、深いローストのアイスコーヒーが良いという方には「ブレンド ダークショコラ」などをおすすめしております。

深いローストがだめなのではなくて、やるのでしたら深くローストできる豆を見極めた上でやる必要があると思うのです。深いローストは1点を狙っていきますので、手強いです。

そのためには、やっぱりカッピング/テイスティングなんですね。

話が脱線しそうです。

さて、アイスコーヒーも色々とあってよいのではないでしょうか。

スペシャルティコーヒーで作りましたさわやかなアイスコーヒーを楽しむには、繊細な「うすはり」のロックグラスが似合うと勝手に思っています。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close