カラビンカの自転車

昨年暮れに懐かしい方からお電話を頂戴いたしました。

九十九サイクルスポーツ(KALAVINKA)の田辺です」

田辺さんは元自転車トラック競技のワールドカップ代表選手でもあり、大手自転車メーカーのテストライダーだった方でもあります。

カラビンカは九十九サイクルスポーツという自転車オーダーフレーム店のフレーム名です。
東京の目黒郵便局本局(昔のミツワモータース本社そば)の近くにあります。

私はフレームビルダーが作った自転車の美しさに興味を持ち、梶原さんという日本のビルダーの開祖的な方からカラビンカの田辺さんをご紹介いただきました。

田辺さんはとても優しく、素人の私の話に耳を傾けてくれました。理想や憧れを、お客の望んでいるもの以上の自転車に仕立てていただきました。

自転車に興味があるといいましても、競技指向ではなく、作って、乗って楽しむレベルです。

10年くらい前にロードとピストを作っていただきましたが、乗り馴れてしまうとピストが気持ちいいですね。ピストとは競輪用自転車にブレーキをつけただけのシンプルで軽量な自転車です。

シンプルな中に美を感じます。

絶対的な仕様上の性能は今のシマノなどにかないませんが、なんといっても抜群の作りの良さがありました時代のカンパニョーロの部品などで組んでいただきました。この昔のカンパニョーロなどの部品を探すのが大変だったようです。

カラビンカピストはここ数年、都内のメッセンジャーに人気が高いそうで、現在では受注できないようです。本来は競輪の選手にフレームを供給するのが仕事です。本当に小さなお店ですから、そんなにたくさん作れませんね。

以下の写真にあります墨研ぎで作るヘッドエンブレムが特徴です。また、ハンガーシェル、エンド、ラグ(フレームをつなぎ合わせるのに必要なパーツ)まで自家製なんです。

最近知ったことなんですが、かのエリック クラプトンもカラビンカのユーザーだそうで、日本公演の際にはお店に遊びにこられたことがあるそうです。

クラプトンは自転車フリークでもあるそうですが、そんな自転車屋さんが日本にあるなんてちょっとびっくりですね!

作りそのものは、コルナゴ、デローザといったイタリア製のフレームにも勝るとも劣らないです。日本はケイリンがありますので、フレーム製作技術は世界トップクラスと思います。

クロモリフレームはカーボンバイクにはない魅力がありますね。

*ブランド名迦陵頻伽(かりょうびんが)の詳細はこちらをご参照ください。

*昨日のブログのマックワールドの件なのですが、このブログを書いている間にやっとスカイプで話ができました。が特に目玉となる新商品はなかったようです。(i work,i life ’09版、mac book pro 17″などアップルのサイトで発表になったものがメインで、ミニノートなどのトピックななかったとのことです。残念!)

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close