再びカッピング! その1

昨日はカッパー、バイヤーの友人が遊びにきてくれました。面白いサンプルをたくさん持ってきてくれましたので、早速いつも通りのカッピングとあいなりました。

第1セッションは、先般行われましたオークション パナマエスメラルダ農園ゲイシャ種の10サンプル 垂直試飲です。垂直試飲とは普通ビンテージ違いの同じ銘柄のワインを一度に複数テイスティングすることいいますが、今回は同じ農園、品種で収穫された畑(区画)違いのスペシャルティーコーヒー10種類を一度に比較試飲しました。以前はベスト オブ パナマという国際品評会に出品していましたが、今年からはこの農園のゲイシャ種だけは独立してさらにロットごとにオークションにかける方法に変わりました。

とにかくフレーバー、味わいに特長があるコーヒーで、一口飲めば「パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ種」と多くのカッパーが特定できる味わいです。点数のことはブログではあまりお話しないのですが、毎年90点以上を安定して期待できる世界でも稀なコーヒーです。(勿論、世界にはまだすばらしいスペシャルティーコーヒーがたくさんあります。エスメラルダ ゲイシャが絶対的に1番とは申しません。)

フレーバープロファイルとしては、ジャスミンやスミレのフレーバー、あるいはマンゴー、ロットによってはレモンなどを感じます。

10ロットとも基本的には同様のテイスティングノートがあるのですが、マウスフィールや酸の出方に若干の差があり、ロットNo.が進むにつれ、はっきりしたシャープな酸になっていくのを感じました。Lot2,あたりはマウスフィールに厚みもある分、酸もやわらく感じられ、甘さも多く感じます。特にアメリカのロースターに人気のあるコーヒーなのですが、最高値はスタンプタウンコーヒーロースターズ(米)がLOT.NO2.を105ドル/ポンドで落札しております。対して、一番安いロットが6ドル/ポンドとその価格差は約18倍です。日本のワタルさんもいくつかのロットを落としていましたね。

同一品種、農園で区画違い、つまりテロワール、あるいはマイクロクライメイト(微小気候)の差でオークションが開催されるほどのコーヒーが出現してきたということですね。そして、きちんとその味わいの微細な差、収穫量に応じて、評価(価格差/ちょっと差がありすぎのきらいもありますが)がされました。まさにワインでいうところの、ロマネコンティーとリシュブール、ラターシュとの差と申しあげては言い過ぎでしょうか。

このゲイシャ種はエチオピアが原産で、パナマの他の農園や他の生産国でも栽培がされていますが、エスメラルダ ゲイシャは何故か別格なのです。

少しサンプルがありますので、試飲されたい方はお申し出ください。

さて、第2セッションのお話は明日アップさせていただきます。

STONE WORKS
エスメラルダ農園 http://www.haciendaesmeralda.com/

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close