ビールだってテロワール!? ②

さて、昨日の続きです。

ビールも少し外に目を向けますと、味の多様性を十二分に楽しむことができるものが存在することをお話しました。

どんな世界でも、人間の英知を結集した「ちゃんとしたもの」を知ろうとするか否かで極論すれば人生が変わるかもしれない!と申しあげても良いと思います。

ビールってこんなもの」という(たとえ99%シェアを持つマーケティング的な勝利者だったとしても)「マジョリティが正しい」、「全て」という先入観を持った瞬間に真のものに近づくことは難しくなってきます。そういうことを教えていただきました。

マジョリティがいけないとか、必ずしもだめというのではありません。そのマジョリティを作ったのは誰なのか、どういう目的なのかということを想像しなければいけないと思います。

こちらのようなお店との出会いは本当に大きなものでした。

知るきっかけになりましたのは、ブライアン ハレル(Bryan Harrell)さんとの出会いです。ブライアン ハレルさんはアメリカ人ビールライターでもあり(ビール評論家故マイケルジャクソン氏の日本における懐刀)、外国人向けのサイトなどにも多数執筆をされておられます。

ハレルさんのホームパーティーに誘われて、お邪魔した際にお会いしたのがこちらのオーナーの青木さんとホールを任されていた宮崎さんでした。

日本酒ライターのジョン・ゴントナー(John Gauntner) さんともこちらでお会いしたのが最初です。ゴントナーさんのご活躍は日本酒ファンの方ならご存知の方も多いかもしれません。

お会いさせていただいた時には、日本酒ライター、評論家としては駆け出しでしたが、メキメキと頭角を表して階段を登られていきました。

拠点?にしていた都内某所の日本酒割烹居酒屋さんのカウンターでとなりに座った外国人お二人(ハレルさんとジョンさん)が「コレハ、ホンジョウゾウ デスネ」「コレハ ギンジョウ デスカ?」などと話をしていたものですから、??となったのが印象的でした。

この某拠点では、店主が選んだその年の出来映えが素晴らしかった旬の蔵、数百種類は飲ませていただきましたでしょうか。日本酒はワインよりある意味(味の安定度という点)難しく、最も繊細な醸造酒だと思うようになりました。こちらの拠点のお話は機会がありましたら、書かせていただこうと思います。

彼らは平均的な日本人よりも日本の文化を深く理解し、憧憬をもって、大切に接していたように思います。日本人であります、私たちも負けていられませんね。

マイケルジャクソン公式ホームページ(なんとビールハンターと言われているそうです。)

写真はオーナーの青木さん、カウンターではお一人の方でも楽しむことができます。カスクのコンディショニングをしているセラーなど。(セラーの下にホップフィルターが見えます)

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close