お店のコンセプト ② (背景)

でもそれだけじゃ面白くないという方のためにもう少し。
スペシャルティコーヒーの詳細につきましてはカテゴリー中の「スペシャルティコーヒーとは」をご覧いただきたいのですが、そもそもスペシャルティコーヒーという概念が日本で広まり、スペシャルティコーヒーの生豆が流通しはじめたのがおおむね2000年以降とされています。(もちろん、それ以前も極々少量は流通していたと思われます)

つまり、まだ最近になってあらわれた「新しい飲み物」ということになります。

スペシャルティコーヒーという言葉は1978年フランスの国際会議でアメリカのエルナ クヌッセン女史が使ったのが最初といわれております。「特別な気象、地理的条件がユニークな風味(フレーバー/Taste + Aroma )を有するコーヒーを生む」と提唱されました。

その後1997年〜2000年にかけてITC国連グルメコーヒープロジェクトを経て、現在でも各生産国で開催されているカップ オブ エクセレンス( C.O.E. )などに代表されるスペシャルティコーヒーの国際品評会、オークションへとつながっています。

今はさらに一歩踏み込んで、生産国の方たちを消費国側がどのようにサポートすれば継続的にスペシャルティコーヒーを作っていただけるかの模索、取組みに入ってきています。(一部、The history of coffee/ Mark Pendergrast著, SCAJ コーヒーマイスターテキストより抜粋)

お店のコンセプト③(詳細)へ

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close