業務用コーヒー ①

17日(月)、18日(火)と都内某レストラン様で営業活動をしてまいりました。お客様にはご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんでした。

当店は一般のお客様がご家庭で楽しむスペシャルティコーヒーを販売させていただくことですが、その部分はゆっくり伸びていき、急には上昇しません。

やはり、業務用も着実にやらせていただく必要があると思っております。私の業務用に関します営業の方法は、自分が「おいしい!」とほれたお店にアプローチすることです。「こんなに素晴らしい料理を作るお店と仕事がしてみたい」ということが出発点です。

このブログでときたまレストラン様をご紹介することがあるかと存じますが、自分のコーヒーを使っていただいているからというよりも本当においしい!と思っているから、というのが基本です。営業用のブログではありますが、そこのところは死守していきたいと考えております。

さて、レストラン様における業務用コーヒーは「味」に関して申し上げれば、非常に厳しい(良いものが使われていることは非常に少ない)のが現状です。それは地方、東京に限りません。

料理そのものには傾注されても、最後を締めくくるコーヒーにはなかなか目が届かない、プライオリティーもどうしても低くなりがちです。というよりコーヒーの場合、どうすれば良いのかがレストラン様から分かりにくいのですね。

お客様もあくまでお食事が目的でコーヒーが目的でないので、印象が悪かったとしても、あえてコーヒーにクレームを言われる方はほとんどいらっしゃらないと思います。だから、お店も気づきにくい。

クレームが出ていない=満足されている とは限らないことを再度認識する必要があります。

しかし、ほんの少し発想を変えていただくだけで、大きな投資を必要とせず劇的に改善できる可能性もあるのです。

レストラン様にとって、勿論コーヒーが主役になることはあり得ません。しかし、お客様からみれば最後を締めくくる大切な脇役であることも事実なのです。

一般のお客様は専門家のように分析的にコーヒーの味を見てはいませんが、全体的な印象として正確に味の善し悪しを捉えています。弊店で行っている「導入編」セミナーでも確認済みです。ですから怖いんです。

この最後の飲み物の印象が悪いと、それまでの料理の努力が水泡に帰すこともあるかもしれない。

もったいない、もったいない。

だから私は素晴らしい料理を出すお店に出会うとどうしても、ほっておけないのです。一人の食べ手として、「最後のコーヒーがおいしかったら、どんなに素晴らしいだろう!」

業務用コーヒー②

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close