再びカッピング! その2

さて、昨日の続き、今日はカッピング セッションその2です。現在ケニアのニュークロップ(新豆)が国内に入港してきておりますが、そのケニア2ロット、エルサルバドルC.OE.1位、エルサルバドル某商社契約農園、グアテマラ アンティグアのある農園、面白いところで、イエメン モカマタリをカッピングしました。

ケニヤは世界でも最もはっきりした味のキャラクターが味わえる可能性のある生産国の一つです。ケニヤの場合、生豆は国営のオークションボードを通して買い付けすることが原則なのですが、最近その原則が変化しつつあります。今後、品質の高いケニアほど買い付けが難しくなるかもしれません。

ケニヤは一般に酸が最も乗っているコーヒーの一つと申しても良いと思います。その分、複雑で甘さもあり、通常品でも高価な豆が多いのですが、味とのバランスを考えればリーズナブルと言えるでしょうか。品質の高いケニアでしたら、良質な酸を分かりやすく味わうには適しているコーヒーと思います。

エルサルバドルC.O.E.*1位は、エルサルバドルと言っても(エルサルバドルは、一般的にチョコ、ナッツ系のフレーバーに代表されます)フルーツ系の酸が感じらました。契約農園のもの、これもオレンジの酸がしっかり感じられます。強い味のキャラクターはないのですが、バランスに優れていました。

また、イエメン モカマタリはとても面白いカップでした。ナチュラル精製といって、果肉がついたままで乾燥させ、精製する方式なのですが(クリーンカップでないことが多い)、このモカマタリは何とかクリーンカップを維持してました。ワイニー、フルーティー(アフリカ、中南米のフルーティーとはニュアンスが違います)で、マウスフィールに厚みがあり、とても甘いコーヒーでした。スペシャルティーコーヒーの基準からしますと、点数的には厳しいかもしれませんが特徴のある興味深いコーヒーでした。

*C.O.E. = Cup Of Excellence 国際品評会、オークションの一つ http://www.cupofexcellence.org

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close