スペシャルティコーヒーを紹介してきました

月曜の定休日を利用して、ちょっと出張してきました。

某所のレストラン様です。こちらのお店は昔とても懇意にしてくださったお店の跡に入られたお店です。そのお店で働いておられたことがおありになり、何度か以前のお店では食べさせていただいておりました。営業のつもりが、ついシェフと食べ物の話で盛り上がってしまいました。

こちらのお店には数週間後に再訪させていただきまして、今度はちゃんと営業させていただきます。

弊店からのレストラン様などへの業務用コーヒーの営業は「このお店と一緒に仕事をさせていただきたい!=「また食べにきたい」」ということを基本にご紹介させていただいております。ですからまず自分で食べなければ、相手様のことを理解できません。それも1回だけでなく、理想を申せば数回は訪問させていただきたいところです。

体が一つしかない中、そんなやり方は効率悪すぎですし、そんなわがままな営業でいいのか!と怒られそうですが、今のところはこのスタイルで行きたいと思います。より相手様への理解を深めることによって、こちらのお店にはこういうコーヒーが似合うかなあ、というイメージがピンポイントで湧いてくるのです。

その他に色々な方からご紹介をいただくこともございます。その際も自分でまず食べさせていただくことを基本としています。

うまく言えないのですが、より自然に申しあげたいことが伝わるような気がしております。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close