昨年末のお客様

昨年末に東京よりT山さんに遊びに来ていただきました。

T山さんは芸文社という出版社である自動車雑誌の編集員をされています。
昔はある自動車メーカーのPR誌やカタログなどを手がける会社におられまして、私も色々とお世話になりました次第です。

そのTさんが何か悩みごとがおありのようでした。「スバル1300G」という昔のクルマの出物があるのですが、買っていいものかどうか。どこかにレストアのスペシャリストの方をご存知ないかとのこと。

スバル1000シリーズは(当時先進のFF駆動システム、インボードディスクブレーキ、4輪独立懸架、フロントダブルウィッシュボーンサスなどなど)今見ても「面白い」技術がてんこ盛りの40年くらい昔のクルマです。

事実、スバル1000はシトロエンGS、アルファスッドの手本になったと言われています。

この頃の国産車はメーカーに関わらず、当時日本の高度成長を担っているといいますか、欧米の自動車産業に追いつかねばならないという迫力情熱のようなものが込められていたように思います。現代でも理論として解明されていない技術はたくさんあると思いますが、くらべものにならないほど暗中模索の中での開発だったと思います。

確かに、迫力や情熱など現代のクルマ作りからはかけ離れた、一見非効率的あるいはアナクロ的なものに聞こえるかもしれません。が、果たして効率やスペック、理論といったものだけで人の心を動かすことが出来るかどうか。

果たして、ユーザーの心を動かすことができなければ、結局のところ購入していただくことができない訳です。

スペックだけみれば当然あらゆる性能において、現代の自動車と全く比較にもならないのですが、モノとしての魅力としては、それなりに衰えない力があるのはそんなことが理由になっているのかもしれません。

自動車のレストアの業界でも、「きちんとした良い仕事をするところには、逆にお客様が集まっている」そうです。景気が悪くなるとユーザーの選択眼も、より一層厳しくなるということでしょうか。こういうときだからこそ、がんばって良い仕事をしなければなりませんね。

そのうち芸文社さんから開業顛末記を出版します!??(ジョークです)

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close