ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップで準優勝!! ①

さて、今日は先日のブログでも書かせていただきましたエスプレッソ ブレンド チャンピオンシップに続き出場させていただきましたジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップのお話です。

弊店は、10月16日(金)に日本最大のコーヒー展示会SCAJ2009 ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキジビジョン」の中で開催されました「ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップ 2009 兼ワールド カップテイスターズ チャンピオンシップ 日本代表選考会」へ出場いたし、準優勝を獲得いたしました。

残念ながら優勝は叶いませんでしたが、短い経験でここまでこれましたのも、日頃お世話になっているお客様、私を正しい方向に導いていただきました諸先輩方、関係者の皆様のおかげでございます。

ここにあらためまして、心より御礼と感謝を申しあげます。

この大会の優勝者は公式に第7回 ワールド カップテイスターズ チャンピオンシップ(世界大会:2010年開催予定 イギリス ロンドン)日本代表として派遣されます。

前回(第6回)の世界大会はワールド バリスタ チャンピオンシップとともにドイツ ケルンで開催されまして、30カ国以上の代表選手で競われました。

今大会の競技者は皆さん選りすぐりの日本のトップカッパー(テイスター)の方たちでした。C.O.E国際審査員、Qグレーダー、SCAAカッピングジャッジ(カップ審査員)、大手コーヒー会社様の品質部門、大手商社様、コーヒー機械商社様、そしてマイクロロースターの方などです。

エントラント(競技者)の方々の実力は拮抗しており、どなたが勝っても不思議ではなかったと思います。

競技内容は大変シンプルなトライアンギュレーションという競技方法です。コーヒーの液体を口にして、3つのカップから一つだけ違うコーヒーを選び、その「正確性と時間を競う」というものです。(これを8セット行います)

各競技者の前のテーブルには、それぞれ3カップX8セット=24カップのコーヒーが置かれます。

勝敗のルールは第一に正誤率。これが同率の場合、かかった時間が短い方が勝ちとなります。

主観的要素がほとんど介在する余地のない、白黒はっきりと勝負がつく「味覚感知能力と記憶力」だけの緊迫した内容です。

この辺りのことは、一昨日のブログで書かせていただきましたので、どうぞ。(こちらの動画をご覧いただけると、ルールや方法は同じですので、雰囲気がわかります)

前置きはこのくらいにしまして、会場の雰囲気はこんな感じです。

まだ、開場前の閑散としたステージです。前日ジャパン バリスタ チャンピオンシップの決勝(日本代表決定戦)も同じ場所で行われました。

前々日にもSCAJに参加させていただき、バリスタ チャンピオンシップを見させていただきながら「ここで明後日やるのか、緊張しそうだなあ、まいったなあ・・・」などと思ったのもつかの間、あっという間に本番です。

今回、正式に国内大会としては第1回大会ということで関係者の方たちもプレッシャーを感じておられたかもしれません。

スタート前に綿密な打ち合わせをする主催者 日本スペシャルティコーヒー協会 テクニカルスタンダード委員会の関根委員長と今回の司会に抜擢された前日本代表の後藤さんです。

競技者全員でくじ引きをしまして、順番をきめました。1組4人X3 でまず予選です。

さあ、どうなりますか!いよいよ1組目、緊張の中でのスタートです。

明日につづく。

ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップで準優勝!! ② へ

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close