焙煎機のオーバーホール!(プロバット クーリングトレー編)

先日のちょっとした焙煎機のメンテナンスに続き、昨日はプロバットのクーリングトレー(冷却箱)のオーバーホールを行いました。

クーリングトレーはローストした豆を撹拌しながら、吸引しているエアで冷却する重要な場所です。

クーリングトレーが所期の動作をしてくれませんと、煎り止まらず、焙煎が思いのほか進んでしまう可能性があります。

この回転しながら豆を撹拌する羽の動きが悪くなり、ついには手動になってしまいました。

自分の感触ではどこかにあるクラッチが空回りしている感じです。

早速、専属メンテナンスマスターMさんへ連絡、本業のお仕事が終わりましてからすぐに飛んで来てくれました。

滑っていたクラッチは、トレーのそばではなく、リアのモーター近くのスプロケット(歯車)にありました。ここの締め具合が甘くなっていたようです。

せっかくですで、トレーを外し、シャフト抜いて、完全に分解しましたところ、シャフトのグリスが固まっていました。洗浄してもらい、グリスアップをし、チャフをきれいにして、スッキリしました。

このシャフトが固着しかかっていたのも原因の一つのようです。

おそらくグリスが固まることにより出ていたと思われます微振動(本当に感じられるかどうか、わずかなものですが)も完全に止まり、今は撹拌羽も小指で動かせるほどスムーズに動いています。

やはり、クーリングトレー周辺も定期的なメンテナンスは必須ですね。こんどはもう少し、メンテナンスのサイクルを短くする必要がありそうです。

そして、作業終了後、Mさんと近くのラーメン屋さんへ夕飯を食べに行きました。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close