テストロースト

本日、早朝よりケニヤのテストローストを行いました。ケニヤの流通量は国内では多くはありませんが、世界で最も輪郭のはっきりした味がでる可能性がある生産国です。スペシャルティーグレードでは、他の生産国と比較して一般的に頭一つ価格が高くなる傾向がありますが、中身も相応なので、納得できることが多いです。

さて、今日のカッピングは今までブログでご紹介したもの(ロースティンポイント同一、生産国違い)とは正反対で、全て同じ豆(ケニヤ)でロースティング違いというカッピングです。どこをロースティングポイントとするか、カッピング能力、ローストの腕にかかっているともいえプレッシャーがかかりますね。

今日の結果で、まずロースティングポイントを奥の方のもの(一般的に言うシティー、フルシティーの中間くらいでしょうか)を先に販売します。(甘さ、マウスフィールの厚み、なめらかさの表現を重視します。)次回からは、酸の表現、フレーバーの表現を重視した少し手前のローストのものもお楽しみいただけたらと思います。以上、2本だてでいこうと思います。

今回のケニヤは熟した果実の感覚というよりは、もう少し繊細な花の香りの感覚があるケニヤです。特にこのフレーバーは手前(浅め)のあるロースティングポイントでより顕著に表現されるということがわかりましたので、この辺も一緒に比較しながらお楽しみいただけたらと思います。

販売価格等は明日ブログにてお知らせいたします。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close