本来の素材の味!

お正月でもないのに、唐突にすじこのお話です。

お正月は両親の出身地である函館から魚をとるのですが、ここ数年、筋子の味が変わってしまったとずっと思っていました。

粒自体が小さく、赤味がまして(正確にいいますと、赤黒く)、少し苦いといいますかエグミがあるんですね。それ以前とは明らかに違うと思って、色々調べたところここ数年、筋子というとほとんどがマスになってしまったことがわかってきました。

確かに、マスの卵であっても筋子には違いませんが、肝心の味が全くことなります。

2年くらい前に、函館の魚屋さんへ電話で確認したところ、「最近はみんなマス子になってしまったんです。昔の鮭子を知っている方には物足りないと思うんですが。。」とのことでした。

ネットで調べますと、鮭子を扱っているところはわずかにはあるようです。

そんな事情があって、数年間あきらめていたのですが、願っていればいつか叶うものなんですね、素晴らしいが舞い込んできました。

私のコーヒーをお店でお使いいただいている、居酒屋さんの奥様が青森県出身でそちらにいい鮭子を扱っている魚屋さんがある、と。

思わず飛びつきました!「次の魚の仕入れのとき、一緒に鮭子をお願いします!」

ほどなく、大将から電話をいただきました。

「入ったよー、コーヒーもらいに行くついでにもってくよ。」

発泡スチロールに厳重に凍りづめされて、活ホタテまでおまけでいただいちゃいました。

いやー、久しぶりの鮭子だったからか、おいしかったですねー。加えて、塩加減が素晴らしくて、かなりの甘塩なんです。塩からくないんですね。勿論、変な苦み、エグミもない。

子供にも食べず嫌いににはなって欲しくないので、出来る限り本来の味のするものを食べてもらいたいんです。

最初を間違えちゃいますと、正しく伝えていけなくなっちゃうんですね。正しくどころか、間違ったものとして伝えられかねません。

「筋子って、苦くて、塩辛くておいしくない」

なんて思われちゃったら、筋子がかわいそうじゃないですか。

しかし、一番損をするのは、間違って認識してしまった本人です。

そういうことが今の世の中にはたくさんあるような気がします。

本来のものを食べる機会がなく、食べず嫌いになってしまう方がいかに多いか。

ほんの少しの好奇心と努力で良いものにあたることもあるんですが。

昔は手を伸ばせば、当たり前に口の中に入れられたものが、今は吟味を重ね、努力をしないと味わえないものがかなりあります。

人生一度きりですから、その素材の持つ本来の味を経験したいと改めて思いました。

*次はタラコを狙ってます。

P1020439P1020437  


Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close