スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016年 ⑥(グアテマラ)

 

グアテマラの秘境ウェウェテナンゴを後にし、最後はアンティグアに向かいます。

今回の旅もラストスパート、カッピングはアンティグアのセッションが最終になります。

アンティグアはかつて中米が一つの国として治められていた時代に首都が置かれていた都市であり、世界遺産に指定されています。

グアテマラの伝統的で著名なコーヒー生産地でもあります。

[mappress mapid=”94″]

 

ウェウェテナンゴからアンティグアに向かう途中で、アティトラン湖を臨む。

ハンモックが売ってました。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

グアテマラなど中米独特のカラフルな色使いのお土産のかばん。

とにかく、色使いがユニークです。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

そして、アンティグアに到着しました。

ホテルの看板ですが、すでに雰囲気ありますね。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

ホテルの中庭ですが、こんな感じにきれいにガーデニングされています。

中庭に面して、部屋の玄関が配置されています。

DSC01931

 

早速、ミーティングをかねて夕食に出かけました。

ヨーロッパ統治時代がありました国は案外イタリアン、フレンチなど代々受け継がれたいい料理、レストランにあたることがあります。

こちらのイタリア料理店もカジュアルな料理でありますがなかなか美味しい料理を食べさせていただきました。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラスペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

翌朝、早速カッピングへ。

アンティグアの町自体が火山のふもと、標高1500mくらいにあります。

富士山のようなかたちのこの火山は、現状でもさかんに活動しておりまして、私たちが滞在している間も雷鳴のような噴火音が聞こえてきました。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

そして、カッピングです。

ホンジュラスからのカッピングを含めますと、かなりの数をこなしたことになります。

サンプル数の多い少ないだけで、必ずしも充実したものかどうかは判断できないのですが、いいものをそれだけ出していただくというのはやはりありがたい。

かならずお客様のメリットになります。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラDSC01832

最終のカッピングも無事終了、ここでのカッピングはマイクロロットのみ、非常に極小のロットもあるため、のちのミーティングでの激しいビッティングが予想されます。

 

最後に定番農園に行ってきました。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

サンタクルス農園です。

こちらの古い教会の名前からつけられた農園です。

 

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

アンティグアの伝統的な農園は、古木が多いのですが、素晴らしいコーヒーを毎年作っていただいている農園の一つです。

 

アンティグアはちょうど復活祭ということもありまして、お祭りでもりあがってました。

夜のアンティグアはこんな感じです。

スペイン統治時代が長く続いたこともあり、ヨーロッパの古都を思わせる雰囲気です。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラスペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

さすが世界遺産だけあって、史跡は町のいたるところにあります。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

全面石畳になっています。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

最終日、輸出業者のヘラルドさんの自邸にお招きいただきランチパーティーです。

南米に行ったときも思ったのですが、和牛とはまた違った牛の食べ方といいますか、日本人の何倍も牛肉を食べてきたという歴史も感じます。

牛もも一本、丸ごと炭のグリルで焼きます。

スライスした肉を鉄板で焼くのではなく、大きな塊を炭のグリルで焼くというところがミソです。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

こちらは、肩ロースでしょうか?

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

ヘラルド家の紋章 “G” ロゴマークが入りました。

うまいものを食べること、食べてもらいお客様を歓待するということに対して全力投球です。

一切の妥協はありません。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

帽子、防護メガネ、エプロンで完全武装し、肉を焼くご主人。

「グリルエリアは私の仕事場だから、お客様の君たちは決して入ってはいけません。仕事の邪魔はしないでください。」と言われてしまいました。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

宴もたけなわ、だんだんわけわからなくなってきました。。

輸出業者 VS  輸入業者。

輸入業者の方が「ははー」とばかりにへりくだってますが、大丈夫でしょうか。。(笑)

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラスペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

なぜか、日本酒登場。しかも、お銚子には「人生」の文字が。

グアテマラで久保田をいただけるとは思っていませんでした。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

からだも動かして、終了となりました。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

農園での歓待、今回のような輸出業者の歓待、色々な形態がありますが、実はこういったコミニュケーションといいますか、お付き合いも大変重要です。

一緒に食事を共にするということが、さらに重要な意味を持つ国も多くあるということなんです。

歓待の供し手が全力である以上、それを受ける側も全力で応じなければ失礼にあたるでしょう。

 

今回の買付も、お客様のご理解もあり、多くの方々の協力を得て素晴らしい買付をすることができました。

これからも、感動できる品質のスペシャルティコーヒーを継続してお届けできるように努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申しあげます。

 

*今回の旅も含め、これまでのブログ、Facebook等で公開してきた写真を中心に、掲載できなかった写真を加え、本ウェブサイト上でご覧いただけるフォトギャラリーを制作中です。

近日中に公開できると思いますので、その際にはまたブログでお知らせいたします。

 

最後はヒューストン国際空港での早朝ワインでしめくくりたいと思います。

ありがとうございました。

スペシャルティコーヒー素材買付の旅2016 グアテマラ

 

 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close