スペシャルティコーヒーの生産国へ ② エルサルバドル編

昨日に引き続き、今日も朝一番からカッピングです。

異なるドライミルに伺い、カッピングをさせていただきました。

昨日のサンプルも良かったですが、今日もかなり良いものを集めていただきました。香りを嗅ぎ、実際に口に含んでみますと、選りすぐりのものであることが伺いしれます。

エルサルバドル2015_EL VOLCANエルサルバドル2015_EL VOLCAN

40を超えるサンプルをやらせていただきましたが、いずれもかなりいい。

生産処理の方法もフリイウオッシュだけでなく様々な手法のものがあったり、そのため、味に個性があるものが多かったと思います。

もちろん、クリーンカップやマウスフィール、甘さなどどれもかなり高得点のものであります。

ただし、後で分かることですが、多くは非常にロットが少ない稀少ロットのカッピングでありました。

私が欲しいと思いましたものの中には1ロット、1バッグ(30kg)しかないものもありました。

 

さて、スペシャルティコーヒーとは対照的なものとなりますが、以下もコーヒーチェリーです。

全く熟していない、おそらく熟度を揃えるためにソーティングした際に集められた未完熟のチェリーと思われます。

エルサルバドル2015_EL VOLCAN

 

スペシャルティコーヒーが作られる一方で、こういったコーヒーも流通しているということです。

赤く熟しておりませんので、品質的にはよくないことは明らかです。

ですが、世界は広くて、こういったコーヒーを飲んでおられる方もいるということですね。自家消費、国内消費にまわるのでしょうか。

つくづくコーヒーには色々なもの、縮図が詰まっていると思います。

 

エルサルバドル2015_EL VOLCAN

こちらのミルでも人間の目による選別が行われておりました。

スペシャルティコーヒーの場合、ここまでくるのに何重ものチェックを受けて選別されているのですが、それでもなお最終的には人の目が頼りです。

 

エルサルバドル2015_EL VOLCAN

運ぶのも短距離なら、多くの場合人力です。

 

ドライミルでにおカッピングを終え、農園の近くまで移動して、まずはランチタイムです。

中米はやはり肉がメインです。海にかなり近いところまで来ますとシーフードもあるようですが、魚は湖で獲れるティラピアなどの淡水魚が多いですね。

エルサルバドル2015_EL VOLCAN

午後からは、農園を回ります。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close