カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence®)ブルンジ2014 コーヒー豆国際審査会から戻りました ④

審査の合間を縫って、審査員全員でブジュンブラにあるカフェや郊外の農園などの視察行いました。

まずはカフェからです。

皆さん、さすがにちょっとお疲れモードでしょうか。

アフリカン コーヒーというのがメニューにありまして、何人かの方が注文されていたのですが、そのお味は、、強烈でした!(アレンジコーヒーでして、甘いのと強烈なしょうがフレーバーが効いていました!)

多分、スペシャルティコーヒーのお店です。

COE BURUNDI2014

 

ブルンジでカフェはまだまだ一部の方たちが利用する特別なところのようです。

多くのブルンジ人の方たちがノートパソコンを広げていました。WIFIも使えるので、ネットカフェとしての機能もあるようです。

庭でもコーヒーが飲めるようになっていました。

COE BURUNDI2014

 

お土産物やさんにも寄りました。

COE BURUNDI2014COE BURUNDI2014

 

農園もいくつか回ったのですが、収穫期シーズンではありませんので閑散としております。

写真(上)は乾燥工程で使用するアフリカンベッドです。(この金網の上にもう少し目の細かいネットを広げ、そこにコーヒーパーチメントを広げ乾燥させる。)

私たちが見学させてもらっていますと、なぜか子ども達がどこからか、集まってきます。

子ども達にデジカメの写真を見せている方は、イタリア エスプレッソの権威 エンリコ氏。どこへ行っても子供たちに大人気です。

COE BURUNDI2014COE BURUNDI2014

 

国際審査員の仕事はあくまでCup of Excellence®を選出するための「審査」がメインでありますが、生産国の人々とのコニュケーションや親善も託されているようです。

現地の人々とのふれあいは、自分たちが苦労して作ったコーヒーをどういった人が飲んでいるのか、どういう評価なのか、彼らもとても興味深いところのようです。

 

「コーヒー豆を作る人がいて、飲む人がいる。」

当たり前のことなんですが、このバランスをきちんと考えていきませんと、品質の高いものを維持していくことは難しくなりますね。

意外と思われるかもしれませんが、スペシャルティコーヒーは底のない、軽薄な一部のブランド品とは異なります。

どのような商品、ビジネスであっても価値を知っていただく、あるいは価値を高めるためのブランディングは販売手法、企業戦略の一つとして必要なことは確かですが、それは商品やサービスの根底をなすものの本質があっての話であります。

派手でかっこいいパッケージや宣伝文句を一枚一枚はがしていったとき、最後にそこにいったい何が残るのか。

それこそが最も大切なことだと思います。

中身があっての、そういった飾りでないとかっこ悪いと思う訳ですね。

 

今回COEに参加させていただいたことによって、どういう取組みが必要なのか、具体的なヒントをたくさんいただいたような気がいたします。

 

さて、大変名残惜しいのですが、そろそろCOEも終わりに近づいてきました。次回はTOP10の審査と表彰式です。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close