カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence®)ブルンジ2014 コーヒー豆国際審査会から戻りました (番外編)

貼り忘れてました。

表彰式でミスブルンジに囲まれるTEAM JAPAN リーダーのM浦さん。いい顔してます。

COE BURUNDI2014

 

最終日、飛行機の時間もありますので、ブジュンブラのカフェを2、3軒まわり、まったりするはずだったのですが、、

今回のカップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence®)チャンピオンロットを作ったというドライミルに行くことに。すぐに着くと言われたけれど、山道をひたすら走ること片道3時間以上かかりました。

COE BURUNDI2014

 

シャワーを浴びる間もなく、急いでブジュンブラ国際空港へ。

ケニヤ航空でまずは、ナイロビへ飛びます。

ナイロビ空港でケニヤなどアフリカの他地域を回っていたI藤さんと合流しました。ナイロビでは、5、6時間の待ち時間がありましたので、ビールで乾杯。

ケニヤには昔からありますTUSKERというビールです。空港内で税金がかからないせいでしょうか、かなり大きい缶なのに1ドル!

COE BURUNDI2014 COE BURUNDI2014

 

そしてトルコ航空に乗換え、最終経由地のトルコ イスタンブールに着きました。

往路はイスタンブールは夜着でしたので、街には出ませんでしたが、今回は昼間でしたのでトランジットの時間を利用してイスタンブールの街へ出かけました。

ご存知の通りイスタンブールでアジアとヨーロッパが分岐していった歴史がありまして、上の写真はアジア側の街で、下のモスク(イスラムの寺院)はヨーロッパ側の街にありました。

COE BURUNDI2014COE BURUNDI2014

 

シルクロードの街らしく、スパイスなども豊富に売られています。

こちらは日本でいえば上野のアメ横のような雰囲気ですね。

COE BURUNDI2014

 

こちらはドライフルーツ。

COE BURUNDI2014

 

ヨーロッパ側の街並はまさにそれらしい佇まいです。

COE BURUNDI2014

 

イスタンブール名物というサバ(鯖)サンドを食べてみました。

おろした鯖を鉄板で焼いて、タマネギなどと一緒にパンに挟んであるシンプルなもの。味付けもとくにしてありませんので、塩とレモンをかけて食べます。

日本人は魚食いですからね、たいていの魚料理では驚きません。

海に浮かんでいる船を上で作っています。

このあたりでは鯖がたくさんとれるようです。橋から釣り竿をたれている人をたくさんみました。

COE BURUNDI2014COE BURUNDI2014

 

海辺のレストランに立寄り、今回のお互いの健闘に乾杯!

最高にうまいビールでした。

ブルンジCOEをそれぞれ振り返りながら、かけがえのない時間を惜しむように気持ちよい潮風に吹かれながら、時間を過ごしました。

臨時休業などで皆様にはご不便をおかけいたしましたが、より深くお楽しみいただけるように具体的なスペシャルティコーヒー豆の調達、様々な情報のご提供でお返ししていく所存です。

ありがとうございました。

*今回のCOEの様子は、フォトブック(PDF版)まとめたいと思います。後日ブログにてお知らせいたします。

COE BURUNDI2014

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close