カップ・オブ・エクセレンス国際審査会に参加して②

初日は、夕方から始まったレセプションで終わり、二日目から審査がスタートします。ますはカリブレーションからです。

カリブレーションとは、よく精密測定器などで使われる「校正」と同義であり、カップ・オブ・エクセレンスでは味覚に関する質の官能評価になりますので、審査前に審査員全員で味のすり合わせを行うことになります。

国際審査員は、公平性、多様性をベースにするため、食文化、嗜好の異なる世界各国から招聘されているのですが、審査員間でのバックグラウンドの違いや主観による差が出にくいように評価の基準をあらかじめ合わせておくことが必要になります。

 

DSC08178DSC08563

 

カリブレーションは、カッピングと座学により行われました。

審査は共通のカッピングフォームにより行なわれます。SCAAカッピングフォームをベースに、よりクオリティの高いコーヒーを評価するためにシンプルに最適化されたもので、基礎点36点+8評価項目(各項目8点満点で64点)=100点満点となります。

最終的な得点が85点以上のコーヒーにカップオブエクセレンスの称号が与えられることになります。(以上、2015年時点のレギュレーション)

DSC08193

 

3日目より、本格的な審査に入ります。

ここから、国内審査を通過したサンプルの実際の評価になり、ROUND1, ROUND2, TOP10の審査と進んでいきます。

 

公正な審査を先頭になり、引っ張っていくCOE ヘッド・ジャッジのエドワルドさん。メジャーな生産国でもある中米のグアテマラの方です。

DSC08558

 

なぜかお湯さしを手伝う、BSCA(ブラジルスペシャルティコーヒー協会)会長シルビオ・レイテ氏。

DSC08559

 

ブラジルCOEでは各スポンサー様より、夕食のご招待を毎日いただきました。また、スポンサー農園からもご招待を受け、審査後、視察に出かけました。

テレビ取材を受けながら、農園視察を行うカップ・オブ・エクセレンス国際審査員。

テレビ取材を受けながら、農園視察を行うカップ・オブ・エクセレンス国際審査員。

審査員全員での夕食。

審査員全員での夕食。

 

1日のざっとしたスケジュール割は、午前中〜審査、少し遅い昼食後、短時間の休憩を挟んで農園視察など、そして夕食とゆっくりする時間はあまりなく、毎日かなり忙しい感じですが、オンオフをはっきりさせたプログラムであり、審査に集中しやすく、とても過ごしやすかったです。

人間が集中できる時間帯、時間は限られていますので、そこで集中して審査を行い、そのあとは、コミニュケーションをはかったり、農園視察やコーヒービジネスに関するアクティビティにも時間を使うという感じです。

また、COEは生産国にとって重要なイベントですから、メディアの取材を受けたりといったパブリシティに協力することも重要な仕事の一つです。

BSCA, ACEにより審査に集中できるようによく考えられたプログラム、ホスピタリティだったと感じました。

 

カップ・オブ・エクセレンス国際審査会に参加して③へ続く

 

 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close