もんじゃ焼!

先日、ワイン屋の悪友に誘われ「もんじゃ焼 ワイン会」へ行ってきました。

もんじゃ焼」といえば、私の小さい頃は子供達(主に小学生)のソウルフードでした。

今はもう殆ど地元でもなくなってしまいましたが、駄菓子屋さんの奥座敷?には多くの場合、鉄板が置いてあり、そこで子供達がもんじゃを焼いて食べるのです。

今はお好み焼き屋さんでもんじゃ焼きを扱っていますが、昔は駄菓子屋さんでした。

熱源は練炭です。この練炭仕様の鉄板は焼ける場所が非常に狭く、上手く焼くのに苦労した覚えがあります。

ちゃんと焼ける場所が練炭の真上 半径10cmくらいしかないんです。ですから「場所」の取り合いになります。

値段は、内容によってだいたい30円〜100円くらいだったと記憶してます。これにベビースターラーメン、ひき肉なんかを追加すると贅沢な仕様になります。缶に入ったマーガリンをすくって透明なセロファンに載せて出してくれるオプションもありました。サラダ油の代わりに使うんですね。ちょっと甘い感じになります。

月島もんじゃなどは、贅沢すぎてなにか違うもののような感じです。よくもんじゃはさらさらしてますので、土手を作って焼くのが常套と言われています。が、そういうことはもったいなくて出来ませんでしたし、そもそも、土手を作れるほど具が入ってはいませんでした。もとより練炭では無理です。上手く焼けっこありません。

あれはいわゆる禁じ手「全部焼き」に近いやりかたですね。

2、3回へらで食べきれる分だけを鉄板で焼いて、時間をかけて食べるのが当時のやり方でした。お椀1杯のもんじゃを焼いて食べるのに1時間くらいかかります。

今思えば、あれは子供同士の良い、貴重なコミニュケーションの場所だったと思います。子供ながら、居酒屋さんで話をするような感覚です。お酒の代わりにラムネです。(ガラス瓶にビー玉で栓がしてあるやつですね。)楽しかったなあ。

今回ワインは皆で持ち寄りました。ワイン屋が持ってきた2000年ビンテージのドイツの白のマグナムボトルは、甘さを感じるのですが、黄桃のようなしっかりした酸がベースにありとても良い感じに熟成しておりました。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close