エスプレッソ用の豆って深煎り!? ①

とてもありがたいことに、弊店では都内のイタリア料理店様 、フランス料理店様を中心にエスプレッソの需要もゆっくりとですが、増えてまいりました。

このエスプレッソという飲み物なんですが、想像していたよりずっと繊細で、おいしく、安定して作るのは大変な努力が必要な飲み物だということが分かってきました。

そして、エスプレッソといえばイタリアンローストなどと言われているかなり深いローストが主流だったと思うのですが、これもそういうものだけではなくなってきているように感じます。

おいしいコーヒー」を使用したエスプレッソ用の豆は、マウスフィール(質感)は勿論、やはりをどう表現していくかがポイントになってくると思うのですが、あるイタリア料理店のオーナーシェフから以下のようなご感想をいただきました。

「今使っている豆は、よりイタリアのエスプレッソをイメージする仕上がり、
特にナポリを感じる優れものと思いました。
お客さんからの反響(「美味しい」と)はより強いものでしたよ。
味わいがハッキリしているから、分かりやすかったのかも知れません。

しかしボクには、その前にもらった「澄んだ味わいと繊細な酸味の豆」が忘れられませんねぇ。」

という具合です。(いただいたメールのそのまま抜粋)

料理店のシェフからこのような、コーヒーのに対するお話、要求?が出てくることは本当に嬉しい限りなんです。で、同じようなお話をいただいたのは今回で、実は4回目(4軒目)なんですね。

こちらのシェフは最初からエスプレッソに対する酸の重要性について訴求されておられました。

4軒とも、シェフがワインについても造詣が深いことと無関係ではないようです。

基本的にはお客様にとって分かりやすいものを意識しつつも、先のものもご紹介していきたいと思います。

エスプレッソ用の豆って深煎り!?②

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close