カッピング?

先週土曜のことになりますが、今年最初のカッピングをしました。

ロースト後にかならずカッピングをしますが、いつも色々なことに気づかされます。

最近、個人的に違和感を感じているコーヒーの格付けピラミッド。(導入編セミナーでも資料として使わせていただいています)昨年11月にSCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の方でも変更がありましたようで、スペシャルティグレードをさらに細分化し、GRADE 1, GRADE 2に分けるとのことです。

しかし、細分化し、複雑にすることは、お客様にとっては良いことばかりではないかもしれません。

さて、違和感の原因なのですが、冷静に考えますと、階層上コマーシャルコーヒーの上にプレミアムがあり、その上にスペシャルティがあるということ。(簡略化してます)

とっても違和感があったのですが、私が感じているのはスペシャルティコーヒーは従前のものとは全く別の飲み物ではないかということです。コマーシャルコーヒー、プレミアムコーヒーの延長線上(階層上)にスペシャルティコーヒーがあるのは少し違うのではないかと強く感じております。

逆に別のものと捉えると大変すっきりいたします。

見た目は同じコーヒーであることに違いはないのですが、出来上がってくるものの味わいは全く異なる液体です。

そして、そういう認識を持つことによって、互いに、それぞれのコーヒーの役割といいましょうか、生きる道がはっきり見えてくる気がするのです。

皆さんはどのようにお考えになりますでしょうか?

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close