焙煎機のクリーニング!

焙煎機は定期的にクリーニングをしなければなりません。

焙煎はおいしいコーヒーをおいしくするための大切な工程です。

とてもデリケートな工程ですので、使う機械のコンディションも重要なんです。

ほとんど毎回やる場所もあれば、数ヶ月に一度の頻度の場所もあります。

頻度の高いところは、ドラムの下やチャフコレクターの中の掃除ですね。ここにはチャフといいまして、コーヒーの生豆についている薄皮がたまります。

私の使っております焙煎機は古いタイプのものでして、外付けではなくサイクロン(チャフを集める)が焙煎機の中にあります。

背面の煙突やドラム上の煙突なども頻繁に行います。

今回は普段手の入らないところまで、ブラシを突っ込んでチャフを落としました。結構、付着しているものです。

ドラムの下などを放っておきますと、火がくすぶり、焦げ臭くなりますので、注意が必要ですね。

あと、フェイス面のドラムを支持しているベアリングのグリスアップも行いました。ここも頻度が高いですね。食品機械用のグリスを使います。

すっきりしまして、また今日からの焙煎に準備万端です。

DSCF2583
 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close