ホスピタリティ(歓待)におけるおいしいコーヒーの効用 ①

さて、コーヒーの話題がそれてしまい、レースのお話ばかりになってしまいました。

今回のお話の発端は「せっかく足を運んでいただくスポンサー様などに対して、他とは違うスバルらしいおもてなしをしたい。そのためにはコーヒーもきちんとしたものをお出ししたい。」というご担当者の思いからでした。

2日間実際にやらせていただきまして分かったことは、やはりお客様をおもてなしをするにあたり、「ご歓談しながら、冷めていった際の印象はとても大切だ」ということです。

レース観戦の中などの場合、落ち着いてコーヒーの味そのものを味わったり、主役になる環境でない場合であったとしてもなお、重要だということです。

熱いいれたてのコーヒーを一気飲みすることはできません

殆どの場合、最後の一口、二口は冷めています。

その冷めたコーヒーの味歓待の印象全体にも繋がるのです。

熱いときにコーヒーの味の良否は感じにくいのですが、冷めてきますと一般の方でも十分分かるようになります。

この状態でも、味のクオリティを一定以上に保っているには、やはりコーヒー豆自体がある一定以上の品質のであることが必要になってきます。

レストランやご家庭における歓待などでも同じだと思うのですが、フレーバープロファイル云々などの味の詳細は別にしても、たとえコーヒーが主役でないにしろ、いや脇役だからこそ最低限コーヒーが悪さをしてはいけない、お客様に対してネガティブな印象を決して与えてはならないということなんです。

「歓待の印象をコーヒーの品質が原因で、下げるようなことがあってはならない。」

ホスピタリティにおけるおいしいコーヒーの効用②へ


*写真はピットロードより、バックストレート出口方向を臨む。

P1030171
 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close