フレンチプレス X スペシャルティコーヒーを採用されたレストラン!

まだ少数はではありますが、弊店のお取引先のレストラン様ではフレンチプレスをご採用いただくところが少しづつ増えてまいりました。

フレンチプレス素材の品質の善し悪しをストレートに出してしまう、素材選びというところでは気を使わなければならない器具です。

しかし、逆に言いますと素材(コーヒー豆)の品質さえ良いものに巡り会えれば、より簡単に素晴らしいコーヒーをお客様へご提供することが可能です。

先日、都内某所へフレンチプレスの指南(といっても、プレスの場合は本当にポイントだけで十分です)に行かせていただき、せっかくですので、エスプレッソマシンのセッティングやら、テスト、検証をさせていただきました。

シェフ曰く、

「今度のお店では、コーヒーは是非フレンチプレスでやってみたい。」

と私がとくに強く勧めた訳ではないのですが、ご採用していただきました。

大分前に私がデモをさせていただきましたときのプレスの味シェフの印象に強く残っていたようです。

フレーバー感豊かで、さらさらとお茶や紅茶の感覚で飲めるフレンチプレス X スペシャルティコーヒーをあなたのお店の差別化にいかがでしょうか。

 P1030512 
P1030511  
 
 
 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close