スペシャルティコーヒーの生産国へ ① エルサルバドル編

遅くなりましたが、今回のコーヒー生産国へ出張させていただきました旅について、少しづつアップしていきたいと思います。

 

今回は、成田からの出発便が機材トラブルでキャンセルされたりと色々ありましたが、1日遅れで中米のエルサルバドルのサンサルバドル国際空港に降り立ちました。

成田から、ヒューストンまで約12時間、エルサルバドルまでさらに4時間くらいかかります。乗り継ぎの時間もありますので、結構な移動時間になります。

エルサルバドルには、夜10:00くらいの到着でした。先発隊として入国していた方の出迎えを受けて、バスで多くのスペシャルティコーヒー農園が集積するサンタアナへすぐに移動です。2時間くらいバスにゆられホテルに到着、チェックインを済ませ、明日からの農園訪問、カッピングに備えます。

時差の関係であまり眠ることもできず、早々にホテル周辺を散歩。南国のホテルらしく、プールを備えたシンプルなところでした。

エルサルバドル2015_サンサルバドルエルサルバドル2015_サンサルバドル

これまた、パンとフルーツだけのシンプルな朝食を済ませ、早速農園へ向かいました。

 

まずは、サンタ エレナ農園へ行きます。

火山によるカルデラ湖のように見えますコアテペケ湖の雄大な景色を横目に見ながら、山を登って行きます。標高はコーヒーの品質に与える影響が大きいので、おおよそスペシャルティコーヒーの農園までの道のりは厳しいものとなります。

エルサルバドル2015_サンタアナ

中米は熱帯ですので、年中暑いのですが、雨季と乾季に分かれていまして、訪問したのは乾季ですので、だいたいこのように晴れています。色々行動するには、天候も大切です。

ほどなく、サンタ エレナ農園に到着。

標高は1400m-1750mくらい。栽培品種はパカスとブルボン、レインフォレスト アライアンス、JASオーガニックの認証を取得しているとのことでした。

標高があり、手入れが行き届いているため、サビ病の影響も少なく、コーヒーの葉の緑が青々として、良好なコンディションであることが伺い知れます。

サンタエレナは、購入することができましたのでお楽しみに。

エルサルバドル2015_サンタ エレナ

 

次はミラバイエ農園へ。

エルサルバドル2015_ミラバイエ

 

ミラバジェ農園は、今から18年前にお医者さんでもあるハイメレイラさんによって引き継がれた農園です。

標高約1650m、スペシャルティコーヒーを作るための十分な高さがあります。栽培品種は多彩で、ブルボン、オレンジブルボン、パカマラ、カスティーヤ/ケニヤ、インヘルト(ブルボンの一種)など。

コーヒーフルーツを摘み取るピッカーは、おおよそ同じ人を連れてくるそうで、農園の隅々まで熟知した方があたるそうです。

そうすることで、効率があがると同時に、木のコンディションのフィードバックが的確に行われ、品質を高める一因になっています。

 

さて、初日よりもちろん買い付けのためのカッピング(テイスティング)も行いました。

これより、農園訪問とカッピングの日々が続きます。

ドライミル(脱穀をしたり、レスティング、パッキング等を行う)のカッピングルームをお借りしました。

エルサルバドル2015_クスチャパカエルサルバドル2015_クスチャカパ

エルサルバドルの品質の高さ、少し乱暴な言い方になりますが、バランスの良さを十分に感じることができるサンプルばかりでした。この時点では、サンプル番号だけが明かされており、農園名も価格もわかりません。

完全なブラインドでのカッピングです。

そして、カッピングした当日の夜か次の日に農園データ(農園名や価格など)の詳細が明かされ、実際にその場で購入する農園、数量を決めるという段取りになります。

 

カッピングも終わり、ドライミル(こちらは、ウエットミルも備えています)を見学させていただきました。

スペシャルティコーヒーの品質を得るためには、コーヒーフルーツの品質はもちろんですが、その後の生産処理も非常に重要なプロセスになってまいります。

エルサルバドル2015_クスチャパカ

このように大きなコーヒーチェリーを入れるための水槽(水は入っていないが、水流で次の工程へ運ばれる)が並んでいます。

この水槽がいくつかに分かれているのがミソですね。

エルサルバドル2015_クスチャパカ

No.1〜No.6まで水槽が分かれているのですが、スペシャルティグレードは6番のみということがわかります。

コーヒーの品質を高めるためには偶然はなく、あらゆるプロセスで専用の道を通ってくる」ことを、こちらで書かせていただきましたが、工程のごく一部に過ぎないドライミルの1工程でも理解することができます。

 

私たちが見学にきたのを見て、デモとしてわざわざ機械を動かしてくれました。

コーヒーチェリーから、果皮が取り除かれていく様子です。(熟度がイマイチ揃っていないところから、スペシャルティではないことが分かります。)

エルサルバドル2015_クスチャパカ

 

そうこうしているうちに日も暮れてきました。

こちらは、コーヒーパーチメントを乾燥させるためのパティオになります。

エルサルバドル2015_クスチャパカ

 

夕食をいただき、1日目のスケジュールがやっと終わりました。

明日は、朝からカッピングです。

エルサルバドル2015_クスチャパカ

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close