スペシャルティコーヒーとは ④(酸/ Acidity の重要性)

ここで、と甘みの関係について少しだけ。

「酸っぱい」コーヒーが嫌いという方が多くいらっしゃいます。

日本人は特にに敏感な民族のようで、「酸っぱい」によく反応するようです。

しかし、これはコーヒーに限ったことではないと思うのですが、味のバランスを考えるとき酸は非常に重要な役割を担っています。味覚の骨格をなすと言っても過言ではありません。

が全くゼロとなりますと、味はぼけますし、甘みも感じにくい。

がないものは、平板(のっぺらぼう的な味)で、何の面白みもない、満足感をえられないものになります。

コーヒーにとって、「甘みと良質な酸は表裏一体のもの」と申し上げてよいと思います。

では何故多くの人が「酸っぱい」コーヒーを嫌うのでしょうか。これは、「悪い質の酸」を無意識に評価していると考えられます。

例えば、柑橘類に含まれる酸、グレープフルーツやオレンジなどの酸に悪い印象を持つ方は少ないのでないでしょうか。

柑橘類の明るく、さわやかです。

これらの酸は「質の高い」です。

料理のソースなどでも、柑橘類の果汁を加えたり、シェリー酢やバルサミコ酢などをつめたりしてをコントロールしていることがありますね。

をコントロールすることによって、甘みを引き出すと申し上げても良いかもしれません。

もちろん料理の場合にはこれに加えて食材そのものの味、塩味、様々な香辛料など他の調味料あるいは火力とのバランスになると思います。

良質なチョコレートなどもカカオの含有率が高くなるほど、良いの成分が多く感じられる傾向にあります。

P1090850

ワインもについての評価が重要です。良いが含まれないワインは味のピンがぼけた感じになります。赤でも白でもロゼでも泡でも、良質なワインには必ず良質のが含まれています。

日本酒にだってはありますね。

良質のは、味に厚み立体感いきいきとした感覚(Liveness)ときに複雑さを与え、人間の味覚に対する官能の満足感を演出します。

このように、酸には「良い質」の酸「悪い質」の酸があるのです。

コーヒーも同じで、この「酸の質」が重要です。焙煎工程がうまく進んだことが大前提になりますが、スペシャルティコーヒーに含まれている酸は質が高い(良い)酸です

明るく、さわやかな印象です。

オリジンによっては本当にストレートに例えばレモンやグレープフルーツ、あるいはオレンジなどを連想させる酸もあるほどです。

スペシャルティコーヒーの世界ではこれらの「良質な酸」を感じることは、そう難しいことではありません。

「酸っぱい(質が悪い酸)」と一口に酸を毛嫌いせずに、スペシャルティコーヒー「さわやかで、明るい印象(質の高い酸)」を堪能してみませんか。

きっとその中にかくれている自然なコーヒーの元来持っている「甘さ」にも気づかれるこtと思います。

スペシャルティコーヒーとは①へ

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close