ジュディス・ゲイン女史講演会

昨日は臨時休業をいただきまして東京・品川までSCAJ主催の講演会を聞きに行ってまいりました。

ジュディス・ゲインさんの講演です。

内容:

「米国スペシャルティコーヒー業界の成功例、失敗例等の事例を検証しながら新しい動きを報告。」

ジュディス・ゲインさんはニューヨーク ウオールストリート(メリルリンチ)ご出身で、コーヒーを中心に、ココア、オレンジジュースなどの領域で世界的に著名なコンサルタントです。

P1090160

参加されていた方は大手コーヒー会社、大手商社のコーヒー生豆部門、カフェの経営者から、マイクロロースターまで幅広く、様々な業態の方がおられたような感じです。

内容的には、スペシャルティコーヒーを中心としながら、ややマスマーケット寄りの論評が多かったように思いますが、先端のフォーキャスティングなどはやはり参考になりました。

30年以上にわたり、コーヒーマーケットをアナリストとして見てこられた氏の意見は参考にすべき点も多いと思いました。

SCAJの林会長の「アメリカのスペシャルティコーヒー業界で成功した会社の主要な要因は何か?」との問いに、

ジュディス・ゲイン女史はきっぱりと「品質、品質、品質!」と3回も繰り返しておらたのが印象的です。

日本流に申しあげますと、「一にも、二にも、三にも品質です!」といったところでしょうか。

コーヒーの品質と一口に申しましても分かりにくいですが、結果としての「おいしさ」ですね。あるいは、感動的な味わいがあるかどうか。

スペシャルティを名乗る以上、品質にフォーカスすることは半ば当然といえると思いますが、市場が成熟していくにつれ、その中でも色々なものが出回ってきているというのが最近の印象です。

スペシャルティコーヒー・ロースターとして、この品質という「ベースになければならないこと」「至極当然で、かつシンプルなこと」でさえ、一筋縄ではいかなくなってきております。

勿論、品質の素晴らしい素材に出会えたとしても、最終的には、お客様とのインターフェイスの問題もございます。

課題は山積しております。

P1090159

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close