コーヒー豆 素材調達の旅 グアテマラ編 ⑤

話が前後してしまいましたが、ウエウエテナンゴのエスペランサ農園のお話です。

エルインヘルトからエスペランサに行く途中で、協同組合に立ち寄りました。

協同組合の場合は、いくつかの小農家からコーヒーチェリーを集め、共同のウエットミルで生産処理を行うことが特徴です。(メリット、デメリットがあります)

協同組合のえらい方々のご挨拶のあと、質疑応答などがありまして、その後こちらでランチをいただきました。

チキンカレーとトルティーヤ(トウモロコシの粉で作った)をいただきました。ホンジュラスもそうだったのですが、こちらの鳥は放し飼いの地鶏?ですので、筋肉質で身がシャッキリとしてとてもおいしいチキンです。

 

magnoliacoffee_guatemala2014magnoliacoffee_guatemala2014

 

腹ごしらえをしましたところで、いよいよエスペランサへ山道を移動です。移動はずっと4WDピックアップトラックです。普通の車は入っていけません。

magnoliacoffee_guatemala2014magnoliacoffee_guatemara2014

 

ウエウエテナンゴには素晴らしいコーヒー農園がたくさんありますが、エスペランサはエル インヘルトと双璧をなす農園と申して差し支えないクオリティを持っています。

カップオブエクセレンスの入賞歴をみましても、多くの実績があります。

magnoliacoffee_guatemala2014

 

こちらは農園主のアントニオ・エレラさんです。

magnoliacoffee_guatemala2014

 

コーヒーノキの苗床です。

近くに水源(川)があります。水源が豊富なこともエスペランサ農園の特長ですね。

magnoliacoffee_guatemala2014

 

パーチメントの乾燥工程はコンベショナルなパティオでの乾燥です。

magnoliacoffee_guatemala2014

 

フリイウオッシュド・プロセスのパーチメント。水路の中に浸っています。

magnoliacoffee_guatemala2014

 

最後は熱心にエスペランサ農園の特長や今後の展望につきまして語っていただきました。

エスペランサはインヘルトほどの規模はないものの、そこには同等のテロワールの優秀さと労働作業者の熱意、設備投資にかける意欲などが凝縮し、きちんと循環していることを感じました。

エスペランサのパカマラ種を少し購入しましたので、数ヶ月後にお届けできると思います。

magnoliacoffee_guatemara2014

 

まだママと離れられない跡継ぎですが、エスペランサ農園はきっと安泰ですね。

magnoliacoffee_guatemala2014

 

帰路はすっかり日も落ち、街灯など一切ない山道は追い剥ぎが出そうな雰囲気でしたが、遠くメキシコの夜景を見ながらウエウエテナンゴでの最終夜はくれていきました。

magnoliacoffee_guatemala2014

 

次回は、グアテマラでの最終訪問地、もう一つのスペシャルティコーヒーの名産地アンティグアへ移動します。

 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close