出張でビストロ!

SUPER GTが終わり、一旦お店に戻り翌日からの出張に備えての準備をしました。

翌日月曜(定休日)の早朝から東京へ移動です。その日は某所で営業をさせていただきまして、その晩はある方と食事に行きました。

都内では穴場の場所といいますか、意外な場所にそのお店はありました。

フレンチなんですが、カジュアルなビストロですね。

リーズナブルな価格設定のお店ですが、味は素晴らしかったです。

ビストロなのに昼の営業はなし。こういったお店は精度の高い仕入れと、メニュー構成に技術が必要です。

仕込みにしっかりと時間をかけられる訳ですから、おいしいはずです。お客様目線で考えれば、ある意味理想だとは思うのですが、実際にはビストロでランチ営業をされないお店はあまり聞いたことがありません。

がんばっておられますね。

さて、料理です。下の写真、これ何だと思いますか?

写真では黒く見えますが、実際にはもう少し茶色っぽい感じです。

なんと、タマネギのタルトです。

タマネギの甘さが強調され、舌触りなどまるで濃厚なジャムを食べているような感じです。

P1060070

そして、豚のテリーヌ

どーんと厚切り。

豚肉ベースなので、基本はさっぱり目ですが、味はしっかりしています。

P1060074

そして、野菜の盛り合わせ。(4種盛り)

どの野菜も野菜の旨味の凝縮感、甘さも表現されていまして満足しました。

彩りもいいですね。

P1060075

そしてメインのお料理です。

まずは私が注文いたしました子羊のローストです。

火の入れ方、調理の仕方など最近のものですね。

P1060079

そして、連れの方が注文しました豚のローストです。

こちらの豚もぱさつき感が全くなくて楽しめました。豚さっぱりしていておいしいんですが、ともするとジューシーさを表現することが難しい食材だと思います。

ワインは写真をとるのを忘れてしまいましたが、食前にスパークリング、前菜に白をそれぞれグラスで注文し、メインに合わせ赤はボトルでオレゴンのピノノワールにしました。

P1060081

そしてもう一人の方が注文された、子鴨のローストです。

これにはピノかなと思ったのですが、注文したオレゴンのピノは少し重かったか。。

前菜もメインも皆でシェアして食べました。

P1060084

そしてデザート。

栗のパイ包みです。暖かいデザートですね。

実は暖かいデザート大好きです。

あ、肝心のコーヒを撮るのを忘れました。

P1060088

以上、すべてカルトで注文し、食べて飲んでお一人あたり、軽く1万円を切っております。

そして味の骨格はしっかりしているのに、味は重たくなく、ベタベタした感覚もない素晴らしい料理だったと思います。

 

数千円の夕食は私にとって贅沢ですが、食材、ワイン、調理の質、味、量、サービスまた内装などお店の雰囲気などから格安だと思いました。

見かけだけの単純な価格だけでは決して計れない、価値は高いと思います。

また、こういったお店にこそ、品質の高いさわやかなコーヒーだと思いました。

やっぱり、こうやってがんばっておられるお店は応援させていただきたいですね。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close