カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence®)ブルンジ2014 コーヒー豆国際審査会から戻りました ③

キャリブレーション(味覚評価基準の擦り合わせ)も終わり、いよいよ本番 Round 1が始まります。

朝食を食べ、隣にある審査会場に向かいます。

朝食はシンプルなのですが、ブルンジはフランス領だったことからか、パンがとても美味しかったです。フルーツが豊富でおいしいのは、熱帯国の常ですね。

COE BURUNDI2014 COE BURUNDI2014

 

朝食後にフロントに集合、ホテルの隣にある審査会場へ徒歩で移動します。

COE BURUNDI2014COE BURUNDI2014

 

審査会場では、現地スタッフの皆さんが万全の体制でサポートしてくれます。

ナショナルジャッジ(国内審査員)の方がかねていただいているようで、審査のメソッドを心得ている方々なので非常に心強い味方ですね。

COE BURUNDI2014

 

審査の方法そのものは、COEのカッピングフォームを使用します。(Clean cup, Sweet, Acidity, Mouthfeel, Flavor, After Taste, Balance, Overallの各項目8点満点 8×8=64 +基礎点36点 合計100点満点)

これらの評価は客観評価でなくてはなりません。主観的な評価が許されるのはOverallのみになります。(個人の好き嫌い、嗜好での評価ではない。ここが少し難しく、多少の訓練、経験が必要な部分です。)

審査方法、基準は以上の通り、ことさらCOEだからといって特別な方法をとる訳ではありません。

ただ、ここに来ている方はスペシャルティコーヒーの世界ではトップクラスの方々ばかりですので、物差しの基準のレベルは当然にかなり高い感じです。

コーヒー生産国、コーヒー消費国共通のフォーマットで行うことに意味がある訳ですから、当然といえば当然ですが、日本で普段行っている(SCAJが啓蒙している)カッピングが国際標準としてきちんと通用するということでもあります。

COE BURUNDI2014

 

1ROUNDあたり5、6セッションをこなし、のべ100カップ(ロット)以上をカッピング、審査いたしました。

疲れますが、トップのコーヒーの審査ですので、どんな素晴らしいコーヒーと出会えるのかワクワクしながらのカッピングになります。

日本人ジャッジはまじめなので、いつも各セッションの一番最後まで残り十分に冷めた段階でのカップの評価を行っていました。

皆で示し合わせた訳ではないのですが、自然とそうなってしまうのです。

個人的にはラスト15分で細部の評価に変化があることが多いので、冷めた段階でのカッピングは重要であると思っています。

ROUND1、ROUND2を1日づつ二日間かけて行い、さらに上位のTOP10を最終日にもう一回行います。

ROUND2が終わりました時点で審査員の平均点が85点を超えたコーヒーにCup of Excellence®の称号が与えられます。

 

次回は、審査会中に行きました現地のカフェや農園などをご紹介します。

ちなみに、ブルンジの場所は以下の通りです。縮尺で自由に地図を拡大縮小できますので、どこにあるか是非確認ご覧になってみてください。

[mappress mapid=”28″]

 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close