アメリカ ロースター巡り シカゴ編

2007年、アメリカ シカゴ、ボストンを中心にお世話になった友人とロースターを視察しました。

開業にあたり、当時のアメリカでのスペシャルティコーヒービジネスの前線をみてみたかったのです。今はまた少し状況に変化がでてきているようですね。

 

INTERIGENSIA SHICAGO 2 2007

インテリジェンシアのバリスタです。

マシーンはコンベンショナルなマルゾッコ リネアです。

 

INTERIGENSIA CHICAGO1 2007

 

シカゴ金融街にあるインテリジェンシアの支店です。アメリカのカフェは朝7時には開いています。フレンチプレスをイメージしたロゴです。

通勤前に軽く食事を済ませたり、新聞を読んだりして出勤していきます。

INTERIGENSIA CHICAGO 5 2007

 

店内の様子。わりとシンプルですね。

INTERIGENSIA CHICAGO 4 2007

当時(今も?)話題になっていたクローバーです。プレスに近い感覚のコーヒーを短時間に連続抽出できます。が、ご家庭ではフレンチプレスで困ることは一つもないと思います。

 

INTERIGENSIA 3 2007

インテリジェンシアの異なるお店です。たしかこちらが一号店だったと思います。

アメリカらしい素朴な感じがして、いい味出してます。

 

INTERIGENSIA  2 2007

こちらのお店は、朝6:00から! の営業ですね。こんな風にアメリカのカフェは朝早いです。

 

INTERIGENCIA 1 2007

当時から大型ディスプレイを使った注文システムが多くのカフェに導入されていました。

こういうのはアメリカ人は得意なところですね。

インテリジェンシア(というよりアメリカの?)の特徴は立地場所、雰囲気などを考え、お店の内装などアイデンティティにもかなり変化をつけているところでしょうか。

一号店と金融街のお店、もう一店舗いきましたが、ロゴマークがなければにわかに同じお店とは分からないかもしれません。

 

CHICAGO_2

シカゴらしい金融街です。

重厚な建物が連続してます。

 

CHICAGO ALLEGRE

貧乏旅行なので、食事は極力自炊?(部屋へ持ち込み)で済ませました。まあ、完成品を買ってきているだけなのでセミDIYですね。

でも、やりかたによっては意外とぜいたくできます。

これはホテル近くのホールフーズ(オーガニック食品の高級スーパー)で買い込んできたお惣菜(スモークサーモン、サラミ、生ハム、ソーセージ、サラダ、パンなど)とワインです。十二分に楽しめました。

いくら貧乏旅行といっても、食べることがあまりにプアなのは我慢なりません。

 

CHICAGO2007_1

宿泊したアーティスティックなホテル。

chicago allegrechicago arregle

ラウンジで毎晩、ワインの無料サービスを行っていました。

 

CARIBOU COFFEE5 2007

日本には入ってきていないのですが、全米2位(1位は勿論スターバックスです)のカリブーコーヒーにも行きました。

 

CARIBOU COFFEE 2 2007

カリブーコーヒーの違う支店です。

アメリカはこういう風に歩道にテーブルを置いても大丈夫なようですね。結構な造作物まで設置してます。

スターバックスとは、ローストの深さもお店の雰囲気も変えて、きちんと差別化を図っています。大きなビジネスでシェアを分け合うとはこういうことなんだと思います。

 

CHICAGO 2007

シカゴの住宅街にリスがいました。この写真、もらいものじゃありませんよ。

 

JUMBA JUICEjanba juice3

コーヒーではないのですが、ジャンバジュースです。

その場でフルーツを絞るスタイルのジュースバーですね。

日本のスタンドジュースバーでよくあるような、冷凍パックの果汁に砂糖をいれて作るのとは大分味わいに違いがありました。アメリカは味については、?だという日本の方が多いですが、牛肉ななどもそうですが、結構、アメリカ人本物志向なところもあります。

 

peets coffee 1

シカゴの最後は老舗のpeets coffee です。

日本にごく短期間進出したことがあったのですが、すぐにやめられました。

 

peets coffee2peets coffee3

 

peetsは最近のスペシャルティコーヒーのローストの標準的なものからしますと、深い焙煎が特徴です。

お店の雰囲気はスターバックスとは異なる高級感といいましょうか、重厚感があります。木の無垢材?を多用しているからでしょうか、少し日本の喫茶店を彷彿させるような不思議な感じがしました。

 

まだまだ行きます。

julius meinl1julius meinl2

 

こちらは、ウィーンに本店があるユリウスマインですね。

ウィーンっぽさがあるかというと、そんなに強く感じる雰囲気ではありませんでした。ウィーンのカフェは街や建造物、人、文化など含んだものでしょうから、現地資本のカフェでも同じものは無理といった感じです。

 

大リーグ シカゴ ブルズの本拠ラングレーフィールド球場の近くにありました。

chicago cubs

 

 

metropolis coffeemetoropolis coffee2

シカゴの最後はmetropolis coffeeです。

ミラージュでしょうか、お金かかっってます。

シカゴの中心部から少し離れた場所にありましたが、地元の人たちで賑わっていました。

 

五大湖のひとつミシガン湖の近くにお店はあります。

海にしか見えません。

chicago 5

 

detorit

 

デトロイト空港のモノレール。

アメリカ ロースターめぐり ②へ続く

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close