SCAA Certified Cupping Judge & N.Y.C.

2006年 アメリカ ロサンジェルス郊外ロングビーチにあるSCAA(アメリカ スペシャルティコーヒー協会)本部にて、SCAA認定カップ審査員(コーヒーの味覚審査を行う審査員資格)の試験にチャレンジしました。

SCAA認定カップ審査員資格は、コーヒーに関する知識を問われるというよりも、スペシャルティコーヒーにとってあらゆる工程で根幹となる高品質コーヒーを評価するための味覚チェック、官能評価ができる能力が備わっているかを細かく、多面的にチェックされます。

SCAAのラボに缶詰にされ、1週間、朝から晩まで講義とテスト(試験)が繰り返されました。

たしか、7課目20項目くらいあったと思います。

 

SCAA_CUPPING JUDGE_2006_1

カップテストの問題作成中。

やさしくしてね ♪

 

SCAA CUPPING JUDGE 52006

いきなり真っ赤っかのラボ。暗室状態ですが、コーヒーのローストの深さから味わいの先入観を

排除しテストする課目がありました。徹底してます。(色で判断できないようにする)

 

SCAA CUPPING JUDGE 2006 2

アメリカスタイルの講義風景。

 

SCAA CUPPING JUDGE 6 2006

コーヒーは一滴も入っていません。

難しい課目の一つ、Sensory Skill です。水に、それぞれ組み合わせの異なる濃度の違う塩、甘さ、酸味がとけ込ませてあり、どの濃度なのかを当てるテスト。

ホテルに試薬を持ち帰り、徹夜で繰り返し練習しました。

 

SCAA CUPPING JUDGE 3 2006

日本人チームでときに協力し合い(得意分野のノウハウを出し)、難しい試験をクリアしていきました。

 

SCAA CUPPING JUDGE 7 2006

合格!後ろでおどけているのがSCAA鬼軍曹のテクニカルスタンダードコミッティ委員長 マネ アルヴェス氏です。

 

このときは、友人を頼ってロサンジェルスからニューヨークへ行きました。

このときが初めてのニューヨークです。

 

newyork

眼下に見えますのが、マンハッタン 摩天楼ですね。

 

wtcwts

到着してすぐに連れていってもらったのが、9.11の現場になったワールドトレードセンタービル跡地です。

犠牲者の方の氏名が掲示されていました。

 

 

WTC4

行ったときはこのように整地され、更地になっておりました。

事件当時はサラリーマンをしていたのですが、同僚がちょうどニューヨークへ滞在していたこともあり、すぐに画像を送ってきてくれたのをよく憶えています。夜中にテレビを見ていたところ、速報が流れました。

 

mudcoffee1mudcoffee2

ニューヨークでは話題になりはじめていたと聞きました MUDというカフェに行きました。

プライベートといえども、コーヒー屋さんには行きます。

 

kats2KATS.4jpg

KATS

そして、勿論食べざんまいです。

土地の文化を知るには、まず土地のものを食べることであります。

一番ニューヨークらしく(ソウルフード)、美味しいものとして紹介したいただいたのが1888年創業のカッツ デリカテッセンです。

ニューヨークの歴史とともにあると言っても良いお店かもしれません。

ここのパストラミサンドは素晴らしかったです。カウンターのところで注文するのですが、少し肉を切って試食させてくれます。

上品な感じではないかもしれませんが、質は高いですね。もしも、これをジャンクフードというのでしたら、それは少し乱暴だと思います。

ファーストフードの原点とも言えるかもしれませんが、工業製品化していないので、美味しさのレベルが異なると感じました。

今の時代であれば、コスト最優先にするなら、省略できることは山のようにあると思うのですが、プライドなんでしょうね、パストラミサンドから情熱のようなものを感じました。ご自身のビジネスの領域を熟知しておられるのだと思います。

パストラミと言いますと日本では冷製ですが、こちらのものは暖かく、脂がしたたるようなものでした。しっかりと味、塩気があるのですが、うまいです。

「うまい!」という表現が合っています。

量も軽く2人前くらいあります。

カッツ デリカテッセンは映画「恋人たちの予感」のロケでも使われた食堂として有名なようです。

 

kats

左の方が多分、今のオーナーです。アメリカという雰囲気です。

「うちのサンドはその辺のとは、訳がちがうんだよ!」なんて聞こえてきそうですね ♪

 

beer bar

こちらは、確か200年くらいの歴史があるビアパブです。オリジナルのビール2種類作ってます。たったこの2種のビールで200年商売続けていられるなんてすごいですね。

通常のビールとストロングエールでしたが、それぞれのビールに特徴があり、すっきり飲みやすくおいしかったです。

写真にみえるのはダルマストーブですね。ニューヨークはとても寒いとこrなので、冬にビールを快適に、おいしく飲んでもらうにはもってこいの設備です。

 

bernardin

高級店にも連れていってもらいました。

生に近い魚介類の料理が得意のミシュラン ニューヨーク3つ星ベルナルディンです。

とてもライトな感じの料理ですね。洗練されています。

カッツなどとは比較できませんが、日本人の場合には調理法そのものには驚きはさほどないかもしれません。

ホテルのラウンジのような作りのお店でした。

 

短い滞在期間だったのですが、ニューヨーカーの暮らしぶりに触れることができてとても良かったと思います。

他にも色々連れていってもらったのですが、機会がありましたらまたアップさせていただきます。

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close