コーヒー豆 素材調達の旅 ホンジュラス編 ④

朝のカッピングが終わりホンジュラスのコーヒー名産地の一つサンタバルバラへ移動します。

IHCAFEのローニーさんから、ホンジュラスのスペシャルティコーヒーの現状などについて車の中で説明を受けました。

magnoliacoffee_honduras2014

 

今日宿泊する湖のほとりのホテルに荷物を置き、昼食をすませ、さらに移動し農園に到着です。

magnoliacoffee_honduras2014

コーヒーパーチメントを乾燥させる工程を熱心に説明される農園主です。ホンジュラスはアフリカン ベッドといわれるすぐれた乾燥方法をとる農園が多くありました。

magnoliacoffee_honduras2014

スペシャルティコーヒーに取り組む農園の多くはそうなのですが、ウエットミル(生産処理の一部で果肉除去)、ドライパーチメントまでの作業ができる施設のすぐ裏山が農園になっており、品質的に有利な条件の一つですね。magnoliacoffee_honduras2014

 

その裏山に登り、コーヒーノキをみてきました。

標高1500mくらいはありますので、雲がかかったりしています。

magnoliacoffee_honduras2014

 

そしてこちらが、コーヒーノキに実っているコーヒーチェリーです。

写真のものは比較的熟度がそろっていますので、手摘みの手間も少なくて済みそうですが、すべて木がそうとは限りません。

当ホームページ>トップページ>ヘッダー下のスライダーに写真を載せているのですが、様々な熟度のチェリーが同じ枝に混在することが多く、多くの場合、ピッカー(摘み手)の腕が問われます。

magnoliacoffee_honduras2014

 

 

農園のあるところは山間部になりますので、4WDピックアップトラックの荷台に乗り合いで移動するのが一般的のようです。日本では怒られちゃいますね。

夕方から再び選りすぐりのスペシャルティコーヒーばかりが待つカッピングが待っています。

素材調達の旅 ホンジュラス編 ⑤へ

magnoliacoffee_honduras2014

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close