アクセス・営業のご案内

*11/9(木)-11/12(日)は、韓国 ソウルで開催のCafe Showへ出張のため、臨時休業になります. ご不便おかけいたしますが、よろしくお願い申しあげます.

MAGNOLIA COFFEE ROASTERS:

スペシャルティコーヒー豆販売専門店(喫茶・カフェの営業はございません)
所在地:
〒373−0803
群馬県太田市矢場町2967−2

TEL: 0276−60−5426
FAX: 0276−60−5427
mail: info@magnolia-coffee.com
ホームページ: https://www.magnolia-coffee.com

営業時間:10:00〜18:00

定休日:毎週月曜日(祝祭日の場合もお休みです)

 

*技術向上、最新知識習得のためのセミナー受講のため、または出張等で定休日の月曜以外に臨時休業をとらせていただく場合がございます。(1〜2回程度/月)

その際は、当ウェブサイト トップページ 商品欄の下、トップページ以外のサイドバーに設置してあります営業カレンダー(Shop Schedule) に表示させていただきます。

テイスティングスペースにつきまして

 

▪️マグノリアコーヒーロースターズまでのルート案内

ルート案内←をクリック (by google MAPルート案内)

ルート案内の使い方
Aに「任意の出発地点の住所(ご自宅の住所など)、目印など」を入力して検索ボタンを押してください。出発地点から店舗までの順路が表示されます。地図の縮尺も自由に変更できます。勿論、プリントアウトも可能です。

順路を変更したい場合は、地図内に示された太字のルートをドラッグすることで簡単に変更できます。

▪️店舗から最寄りの代表的な地点からのルート案内

以下は、Google MAPを利用した店舗近隣、各方面からのナビゲーションマップのサンプルです。

・ルート1:(東北道 佐野藤岡I.C / 国道50号 足利市街方面より/「南大町」立体交差から約2.3km)
国道50号『南大町』立体交差(カンケンプラザ/WOW)→国道407号の道順
東北自動車道(佐野藤岡IC)より、約25分です。

・ルート2:(国道122方面より/「休泊小学校」交差点から約2.7km)
国道122号『休泊小学校』交差点→県道256号『太田工業高校』の道順

・ルート3:(最寄駅 東武伊勢崎線 「韮川駅」より 約2km)
最寄の東武伊勢崎線・韮川駅からの道順

・ルート4 :(太田市街方面より/ イオンモール太田から 約3km)
イオンモール太田(国道122号)からの道順

・ルート5 : (北関東自動車道 太田・桐生I.Cから約6km)
太田・桐生I.Cからの道順
北関東自動車道(太田桐生IC)より、約15分です。「太田桐生I.C.」は国道122号に接続しております。

・ルート6 : (東北自動車道 佐野・藤岡I.C から約20km 約30分)
東北自動車道 佐野・藤岡I.Cからの道順

・道案内7 徒歩用: (東武伊勢崎線 韮川駅 から1.6km 徒歩約10分)
東武伊勢崎線 韮川駅からの順路

ルート案内の使用例:
道案内1:(東北道 佐野藤岡I.C / 国道50号 足利市街方面より/「南大町」立体交差から約2.3km)の順路サンプル

マグノリア コーヒーロースターズ店舗外観:

DSCF1973

 

お店のコンセプト:

 概要/コーヒー豆売専門店です

当店はスペシャルティコーヒーを専門に扱うロースター(自社でテストサンプルをカッピング、選定した生豆を仕入れ、そして焙煎し、お客様へご提供する店舗)です。

コーヒー豆の専門店(喫茶、カフェの営業はございません)です。

専門店ではありますが、いわゆるマニアの方のためだけに営業しているお店ではありません。

常に最新の専門知識、技術の習得を心がけておりますが、むしろ、まだスペシャルティコーヒーを知らない方、コーヒーがあまり好きではない方のためにも弊店のようなお店の果たす役割はあると思っています。

以上が基本コンセプトです。ご家庭でお楽しみいただくための、あるいは業務用のために「感動的な味わいのスペシャルティコーヒーをより簡単に、楽しく、よりリーズナブルにご提供させていただくこと。」です。

スペシャルティコーヒーには豊かに暮らすヒントが隠されています。そのヒントをお伝えできたらと思っています。

*尚、恐れ入りますが弊店にはカフェ(喫茶)スペースはございません。

magnoliacoffee_cupping1magnoliacoffee_tray

 背景

スペシャルティコーヒーの詳細につきましてはカテゴリー中の「スペシャルティコーヒーとは」をご覧いただきたいのですが、そもそもスペシャルティコーヒーという概念が日本で広まり、スペシャルティコーヒーの生豆が流通しはじめたのがおおむね2000年以降くらいからとされています。

つまり、意外と思われるかもしれませんが、実はまだ最近になってあらわれた「新しい飲み物」ということになります。

スペシャルティコーヒーという言葉は1978年フランスの国際会議でアメリカのエルナ クヌッセン女史が使ったのが最初といわれております。

「特別な気象、地理的条件がユニークな風味(フレーバー/Taste + Aroma )を有するコーヒーを生む」と提唱されました。

その後1997年〜2000年にかけてITC国連グルメコーヒープロジェクトを経て、現在でも各生産国で開催されているカップ オブ エクセレンス( C.O.E. )などに代表されるスペシャルティコーヒーの国際品評会、オークションへとつながっています。

今はさらに一歩踏み込んで、生産国の方たちを消費国側がどのようにサポートすれば継続的にスペシャルティコーヒーを作っていただけるかの模索、取組みに入ってきています。(一部、The history of coffee/ Mark Pendergrast著, SCAJ コーヒーマイスターテキストより抜粋)

DSCF3618

◆ 詳細

横道にそれましたが、そのような新しい飲み物であるスペシャルティコーヒーをカテゴライズされた、もはや一般的なコーヒーとは異なる飲み物として、この先もずっと楽しんでいただきたいというのが私の願いです。

すばらしい、感動的な飲み物だと思うからこそ、一過的な流行でなく、長く楽しんでいただきたい。

そのためにはシンプルでわかりやすいというのが大切だと思っています。お店のデザインそのものも、新しい飲み物であることを表現したくて、今までのいわゆる喫茶店とは全く違った発想から作りました。

コーヒーの味に関する考え方は上述の産地の違いによる味の多様性や、生産処理による味覚の違いをワインのように楽しんでいただきたいと思います。そのため、基本的に焙煎は極端に深くしません。深煎りもありますが、深く焙煎するメリットがあるかどうかよく見極めてするようにしております。

極端な深煎りはスペシャルティコーヒーの持つ様々な、繊細なフレーバーが煙の香りにマスクされてしまいます。焦げ臭、スモーク臭は、それ自体がとても強いものなのです。

もとより、焙煎度云々よりも皆様にすばらしいと感じていただけるローストを目指しております。単に深い、浅いといった焙煎度そのものよりも、お客様にどう感じていただけるか、そこに焦点をしぼっています。

そんなことから、コーヒーの抽出はより軽やかな味わいで、簡便なフレンチプレスをオススメしております。(詳細につきましてはカテゴリー「プレス抽出をおすすめする理由」をご参照ください)カップから立ち上る様々な香り(例えば、柑橘系、南国系のフルーツであったり、チョコやナッツなど)、味をご家庭で、お気軽にお楽しみいただけたらと思います。

きっと豊かな時間をお過ごしいただけると思います。

magnoliacoffee_space

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close
Home Menu Location Schedule Page Top
Directed by MAGNOLIA COFFEE ROASTERS