スバル ホスピタリティでマグノリアのコーヒーをご採用いただきました! ②

コーヒーを背面にディスプレイさせていただきました。

さあ、初日予選のスタートです。

SUPER GTようなトップカテゴリーのレース開催の際には、他のレースも共催されることが多いですね。

今回も、カートやヴィッツのワンメイクレース、そしてポルシェ カレラカップ ジャパンなどが共催されました。

P1020937

時間帯によりキッズウオークといいまして、小さいお子様をお連れの方がピットロードを歩けるサービスがあります。

私も短い時間ではありましたが、ピットロードに降りてみました。

その際には各チームがステッカーやフラッグなど記念品を子供達に差し上げます。場合によっては、ドライバーが直接手渡したりもしますね。サインをお願いできるチャンスでもあります。

また、各チームのピット、レーシングカーをバックにレースクイーンのお姉さんたちと一緒に写真を撮影することもできます。

最近は若者のクルマばなれが言われておりますが、小さいお子様は将来のお客様でもありまして、自動車業界の重要見込顧客です。

私が小さい頃はスーパーカーブームの時代でありまして、モーターショーなどでニューモデルが発表される度にワクワクしたものなんですが、最近は事情が変わってきているようです。

でも、時代はサイクルがありますので、何かをきっかけに同じようなことが起きるかもしれません。

このワクワク感をコーヒーの世界でも実現できれば、とても面白いことになると思いました。

P1020959

P1030055

ピッドロードから、ホスピタリティールーム(ガラス張りのところ)を見るとこんな感じです。

各チームのピットの真上ではなく、少しずらして設置してあります。そうすることによって、自分たちのチームのクルマのサービス風景がよく見えるんですね。

真上にありますと、逆に見ずらいですね。

また、ガラスに角度がつけてありまして、ピットロードをアプローチして行くクルマ、ピット作業が終わった後に走り去っていくクルマを長い時間、視界に入れておける工夫もされていました。

P1030058
 

キッズウオークが終わり、予選がスタート。

予選を走るレガシイ B4がピットに戻ってきました。

ドライバーチェンジ、タイヤ交換を素早く行います。

このようにホスピタリティールームからみますと、斜め前方からチームのピットを見下ろすようになりまして作業風景がよく見えるという寸法です。

P1030006
 

スバルのモータスポーツディヴィジョンのSTIさんもレガシイ ワゴンをベースにしたSTIコンセプトを展示されていました。

量産車をベースにさらに洗練された大人のフィールを体験できます。

P1030106
 

すいません、今日はほとんどレースについての話題だけになってしまいました。さらに明日に続きます。

スバル ホスピタリティにマグノリアのコーヒーをご採用いただきました!③へ

  

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close