スペシャルティコーヒーとは ③(味覚の多様性)

一方、数値的な指標としてグリーングレーディング(生豆のチェック)でディフェクトの審査をし、ある一定の基準をクリアしかつ、カッピングフォームにより異なります。

おおむね官能評価で80点以上(Cupping Form によって異なる)がつけられるコーヒーをスペシャルティコーヒーとするというコンセンサスが世界的に得られつつあります。

(官能評価のためのCupping Form自体は目的、作られた考え方の背景により、SCAA, SCAJ, C.O.E.などいくつかの種類があり、それぞれ現在も進化しておりますので、まだ絶対的なものではないと思います。)

これらの官能評価はカッピングスキルを持ち、経験を積んだカッパー(テイスター)が可能な限り客観的な評価をすることが前提になります。

生身の人間である以上、個人的な趣味嗜好を100%排除することは大変難しいことですが、この部分はカッピングフォームの中の最後の評価項目Overallで評価します。

また、一般に高得点になるほど、産地、農園あるいは生産区画などより詳細に味が特定できるほど、味わいに特長があらわれ、それぞれの「味覚の多様性」をきちんと楽しむことができるのもスペシャルティコーヒーと言えます。

ワインなどとどこか似ていますね。

フレーバープロファイルも多彩です。スペシャルティコーヒーの中でも良質になるほど、より多くのフレーバーを感じ、複雑になってきます。

大別すると、チョコ、ナッツ系とフルーツ、柑橘系になるでしょうか。

また、インドネシアに代表されるように、アーシーあるいはスパイシーという表現に代表されるようなワイルドなものもあります。

また、最近話題のグアテマラ/エルサルバドル パカマラ種のように、既存のフレーバープロファイルにはなかなか当てはまらないものも出現しており、これからが楽しみです。

パナマのゲイシャ種なども非常にユニークです。

この多様なユニークさこそがスペシャルティコーヒーの素晴らしい長所であり、特長なのです。

スペシャルティコーヒーとは④へ(酸/Acidityの重要性)

MAGNOLIACOFFEE

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close