新店舗オープンのお知らせです

 

この度、新店舗のご案内をさせていただける運びとなりましたので、お知らせいたします。

尚、これまでご来店いただいたにもかかわらず、営業したり、できなかったりで(実質的にほとんど休業状態でした)、コーヒー豆をお持ち帰りしていただくことができなかった皆様、誠に申し訳ございませんでした。

7月15日(水) 〜 10:30- オープン させていただきます。

時節柄、レセプションなどのイベントは行いません。通常通りのオープンとさせていただきます。

新店舗の建設、設備導入にあたり、多くの専門家の方々にお世話になりました。また、事業計画に対する金融機関の方々のご理解、ご協力がなければ一歩も進めることはできませんでした。さらに、地権者、工事に関しご協力をいただきました近隣の皆様方。改めまして、ここにお礼を申しあげます。

新店舗の概要は次の通りです。

店舗建物の設計、設計監理は世界的建築家 手塚貴晴+ 由比さん(手塚建築研究所)
建設は社寺建築を得意とし、自社で宮大工を複数抱える地元の赤石建設様へお願いをしました。

設計にあたり、私から手塚さんへお願いしたのは、

・木造平家建て、店舗専用建物であること

・梁などの構造を隠さないで欲しい(構造自体を論理的かつ美しいものにして欲しい)

という2点だけで(円形であることも、社寺や城壁などによく用いられる渋墨をモチーフにした黒色も私からのお願いではありません)、それらを加味した最初の模型によるプレゼンテーションのフォルムがほぼそのまま完成しました。

IMG_0073

 

実際に建物を見ていただきますと、第一印象はユニーク、モダンを感じるかもしれませんが、よく見ますとディテールはコンサバティブ、日本の伝統建築の作法に則ったものです。

建築全体のデザインとして強いプレゼンスがあるのに、それを普遍性のあるトラディショナルでシンプルなデザイン、考え方で実現しているのが今回の建物の特長であると解釈しています。

日本古来の伝統建築技術と先端デザインを融合させたうえで、未来へ繋がる建築を実現していただいたと思っています。

個人の店舗ですから大規模な建物ではありませんが、逆にコンパクトさをもって、凝縮感のある日本古来の「粋」を感じることができる建物だと思います。

 

これからの営業形態ですが、スペシャルティコーヒー豆専門店(あくまでコーヒー「豆屋」です)の軸足はそのままに、新たに狭小ですが、coffee brew bar(有料)を設けます。

これまで、「どういうコーヒーなのか飲んでみたい」という
方が多くいらっしゃいました。できるだけ客観性を意識して、正確に言葉でお伝えしてきたつもりですが、お客様のフィルターと私のフィルター(嗜好)が必ずしも同じものとは限らず、実際に体験していただくことにより、ご自身に合ったコーヒーを見つけていただく一助になればと思います。

*brew barはコーヒー豆ご購入の方の専用になります。

そのようなコンセプトですので、弊店のcoffee brew barは一般的な喫茶やカフェの営業形態、コンセプトとは少し異なります。その点、どうぞご理解、ご了承ください。

 

また、近日中にグラスワインなども味わっていただけるようにいたします。

ワインといいましても、コーヒー屋ですから、ワインそのものをたくさん扱いたい訳ではありません。

ワインの持つより明確で分かり易い酸(さわやかさ)、フレーバープロファイルをお試しいただき、ワインの力を借りながら、スペシャルティコーヒーの素晴らしさを知っていただくきっかけになっていただければと考えております。

対極になりますが、コーヒーを彷彿させるスタウトビールなんかもいいですね。

では、フードは?デセールは??というご要望もおありかと存じます。

もちろん、考えてはいますが、きちんとしたものをご提供するのはとても敷居が高いので、少し考えさせてください。ご提供できるようになったとしても、メニュー開発は念入りに、厳選したものを少量だけということになると思います。これまでの知見は生かしますが、ここでは勝負しません。ランチもありません。

基本は、「スペシャルティコーヒーの豆を販売すること」です。
高品質なコーヒーの素材を入手し、お客様へ素晴らしいコーヒー豆を体験していただくことにリソースの多くを使っていきます。

 

店舗内のレイアウト、設備も逐次そのために設計されています。

店舗内は狭小ですが、外にはしっかりした庇(ひさし)を深く設けており、そこにも椅子を並べられるようにと考えています。

庇が深いので、強風さえ吹かなければ少々の雨でも濡れることはありません。

雨の日こそ、快適な時間をお過ごしいただけるようにと思い、庇を深く低く作っていただきました。

雨の多い日本にあって、雨を感じながら、快適に過ごせる空間というのは現代の建物ではあまりないんです。ですから、雨の日は特別な時間をお過ごしいただけると存じます。

隣接している桜並木が美しい八瀬川のせせらぎの音もよく聞こえます。

弊店は屋外の庇の下が「特等席」です。

また、たまたまですがテイクアウト用窓口も設けました。
店内には寄らずコーヒー豆を持ち帰りたい、コーヒーを持ち帰りたいなどのお客様はこちらからどうぞ。

周辺ではペットの散歩をされている方が多く、犬をお連れしたい方もいらっしゃると思うのですが、諸事情により、店内はペット同伴の入店は禁止とさせていただきます。

ペットご同伴のお客様は、テイクアウト窓口をどうぞご利用ください。(ペットお連れの方は、他のペット、小さいお子様、お客様の安全には十分留意していただきますようお願いいたします。ペットが起こした事故に関して、弊店は一切責任を負うことができません。)

 

営業形態の変更に伴い、営業時間も若干ですが変わります。以下をご参照ください。

さて肝心の場所ですが、

群馬県太田市八幡町31-1
徳川ゆかりの寺院「大光院」 子育て呑龍様近く、八瀬川沿いです。

豆販売: 10:30-18:30(火-土) 9:30-17:30(日) 

coffee brew bar L.O.: 各閉店時刻の1時間前

毎週月曜定休日(祝祭日の場合もお休み)

*敷地内全域(庇の下、犬走、駐車場、トイレを含む)禁煙です。
*駐車場は5台 コーヒー豆のイラストの部分のみです。
*テイクアウト専用駐車場 テイクアウト窓口前に1台
*アイドリングしたままの駐車はご遠慮ください。

以上でございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_9789

 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close
Home Menu Location Schedule Page Top
Directed by MAGNOLIA COFFEE ROASTERS