ワイン ミーティング!

2、3ヶ月前になるのですが、K様よりお誘いを受けまして、ワインミーティングへ参加してまいりました。

今回はいつものメンバーであります方がイタリアワインの勉強中とのことで、イタリアの赤ワインをメインにしたものになりました。

まずは、シャンパーニュから。

クリュッグのノンヴィンです。

しかし、クリュッグはシャンパーニュ広しといえどもやはり別格ですね。ノンヴィンでしたが、いい感じに熟成が進んでおりました。

シャンパーニュから一歩外に出てしまえば、いくら作り方は同じで、たとえ味が良かったとしてもスパークリングワインという一般的な呼称を使わなければなりません。

このあたり、ワインは大変厳格ですね。

P1030339
 

白ワインはムルソーです。

P1030335
 

パンは勿論、熊谷の海老蔵(ブーランジュリーマツオカ) 謹製のバゲットです。

パンはこのように、固くてしっかりとしているのが普通ですね。

P1030373
 

牛肉の赤ワイン煮込み

K様がよりすぐった牛肉でたっぷりの赤ワインで作っていただきました。レシピは宮内庁の故・渡辺 誠さんのものであります。

今回、渡辺さんの奥様はチーズのご担当でありました。

写真ですと、いかにも濃そうな味付けに見えるかもしれませんが、さにあらず。大変上品で、赤ワインのさわやかささえ感じられる素晴らしいお料理でありました。

牛肉をおいしくたくさん食べられますし、ワインも進みます。

P1030350

次は、伊 ベルターニ社のアマローネです。

アマローネとは独特の赤ワインの製法なのですが、要するにぶどうを干すんですね(影干し)。ベルターニの場合は、長期間(4ヶ月程度)影干しすることによって、酸をキープしたまま糖度があがり、凝縮した味わいになります。

ここまで手間をかけているかわかりませんが、キプロスのワイン(コマンダリアなど)も、こちらは天日干し?糖度を上げるという意味では同じですね。ただし、キプロスのワインはかなり甘口で白が一般的です。

コマンダリアも大変魅力的なワインでありますが、ナイトキャップ専用という感じです。

こちらのベルターニはしっかりと酸をキープしておりました。アマローネといいましても、ベタベタした甘さは一切ありません。

ですので、スティルワインとしての使い方、食事との合わせ方が十分出来る味わいです。

勿論熟成の進んだチーズとの相性もばっちりです。

P1030359
 
最後に、バローロ

バローロは何度か飲んだ事はありますが、今回のは25年の熟成を経たものでありまして、とても品のあるものになっておりました。

力強さだけではなく、長い熟成期間を経ることによって、繊細さを得ることができたという感じでしょうか。熟成とは言ってみれば、ゆるやかな酸化と捉えることもできるのですが、同じ酸化でもダメな味になってしまうものも数多くあり、本当に不思議な現象であります。

神のみぞ知るという感じでしょうか。

P1030353 

赤ワインといえば、やっぱりチーズですね。

こちらもいい感じに熟成しておりました。

P1030355
 
 最後は アイスワインで締めとなりました。

アイスワインは先ほどのアマローネとは少し違い、寒い気候を利用し、凍ったぶどうをそのまま絞ることにより糖度をあげ、果汁を凝縮させる方法を取ります。

昔、子供の頃、コーラアイスなどをチューチュー吸いながら食べると、最初に甘いエキスだけ出てきて、後に残ったのは、味の薄い氷のキャンディーになってしまうことを何となく憶えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、同じ原理です。

アイスワインは低温で仕込まれるためか、全般的にフレッシュなぶどうの果実味を生かした味わいが特長ですね。

もちろん、さわやかさ(酸)も重要でして、この糖度で酸が残ってなければ全くバランスのとれないただ甘いだけの葡萄酒になってしまうでしょう。

酸とのバランスが重要なのはコーヒーと全く同じことだと思います。

そして、酸にこそ色々なフレーバーそのものが隠されている。

やはり、どんなシチュエーションでありましても締めの飲み物は重要ですね。

それまでどんなに良い具合に食事が進んでいたとしても、最後の飲み物がダメでしたらやはり台無しになってしまう。本当に要注意です。

P1030401

こちらのK様には本当にいつも素晴らしい経験を積ませていただく機会をいただきまして、本当に感謝しております。

また、是非ともお誘いください!

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close
Home Menu Location Schedule Page Top
Directed by MAGNOLIA COFFEE ROASTERS