素晴らしきワインたち!

すでに少し前のことになるのですが、再度お招きいただきまして参加させていただきましたK様ワインミーティングです。

今回もあこがれのワインが飲ませていただけるということで、何としても参加させていただきたいと思っておりました。味覚の世界は、素晴らしき経験を積み上げることしか道はありません。

まずは、至高のシャンパンであります1988年のヴィンテージ クリュッグからです。

シャンパーニュというだけでも贅沢なんですが、前回のノンヴィン クリュッグに引き続き今回はヴィンテージ クリュッグです。

P1040343

もう1本、こちらはノンヴィン(ぶどう収穫年の表記なし)のシャンパーニュです。

P1040356

 

そして、白。

なんと、コルトンシャルルマーニュです。

P1040348

このクラスのワインは、まず飲んだときの印象が、いかにも良いぶどうをふんだんに使用したとおもわれる果汁の凝縮感が特長です。

そんな中にしっかりと感じられる果実味、酸

これらにともなう、特徴的な様々なフレーバーが感じられます。

バゲットは勿論ブーラジュリー マツオカの謹製です。

P1040360

主役ではありませんが、バゲットも大切な役割を果たしてくれています。

この辺りで、定番であります故・渡辺 誠さんのレシピによる牛肉の煮込みを。今回は東京よりご参加されましたZさんがお作りいただきました。

P1040378

そして、赤ワインです。

今回のテーマはブルゴーニュです。ピノノワールという品種ですね。

シャンパーニュでも使われますが、シャンパンの場合は基本的に皮をむいて果汁のみを使います。ブルゴーニュの赤ワインの場合は皮ごと圧搾します。

このピノノワールという品種は、繊細でとても扱いが難しいぶどう品種と言われています。

味も繊細なのですが、はまったときの美味しさ、印象深さもまた半端ではありません。

味としてのパンチの強さ(味の強弱)で勝負するのではないところがスペシャルティコーヒーと似ていると思っています。

まずはヴォルネーの1級から。

P1040386

*ラベルが痛んでいるのは、一定の湿度のかかるセラーで寝かせていたためです。

 

そして、今日の赤ワインの主役「シャンべルタン」です。

ジュヴレイ シャンべルタンではありません。

P1040374

こちらのシャンべルタン、なかなかあたりのものにありつけるのが難しいワインです。

繊細ゆえに熟成が難しいのか、理由はわかりませんが、私も当たった試しがあまりありませんでした。(といっても、数えるほどした試したことはありませんが。)

今回のシャンべルタンは当りでした。素晴らしかったです。

作りの良いブルゴーニュワイン、ピノノワールの繊細な凝縮感、果実感などがしっかりと詰まっておりました。

こういった赤ワインに合わせる食事は、熟成されたチーズとバゲットだけで十分かもしれません。

チーズはいつもご担当されておられます渡辺さんの奥様にお持ちいただきました。

ブリーとウオッシュチーズでしょうか。

常温で、トロトロに溶けています。

P1040367

そして最後はドイツ フランケンのアイスワインです。

P1040397  

フランケンはこういった扁平した瓶が特長なのですが、ハーフサイズのアイスワインも同じ形状のものに入ってるんですね。フランケンのアイスワインは初めての経験でした。

この甘さと酸のバランスが甘口デザートワインの生命線なんですね。

どちらが欠けても、味として成立しない感じがします。

最後にk様お手製のマンゴープリン。フレッシュな国産マンゴーでお作りいただきました。

口の中がマンゴーの爽やかさで癒されていく感じです。

P1040410 

こちらのワインミーティングでいつも素晴らしいと感じますのは、これだけのワインでも負けない食事をお作りいただけるということがございます。

おいしい食事とワインとは切っても切れない、両輪の関係がございまして、両方整って最高なんですが、よほど気心知れたレストランでもない限り普通は難しいんです。

友人同士、テーブルワインを持ち寄ってのカジュアルなワインミーティングもよし、ときには、このような気合いの入ったワインミーティングもまた楽しいものですし、素晴らしい経験、勉強にもなります。

「もう残りの人生を考えると、手持ちのワインが飲みきれない」と冗談なかばに明るく笑い飛ばし、貴重な体験をいつもご提供していただきますk様には心より感謝申しあげます。 

Find your favorite ご使用方法

皆様のお好みのコーヒーに出会えることを目指し、WEB上でサポートするしくみを考えました。 どうぞお試しください。


  1. favorite(左または上ボタン)の▼ボタンでお客様にとって優先度が高くご参考にされたい項目を選んでください。
  2. favoriteをお選びください(右または下ボタン)でお選びいただいた項目の官能項目の質感の目安5〜1を選択します。(5が高く、1が低い. ただし、ローストの深さのみ強度を示す.)表中にあります官能項目以外も選択できます。
  3. 選択項目を増やす場合は ”+”ボタンを押してください。(Xで削除できます.)
  4. 絞り込み検索をしていただく項目数はいくつでも追加可能ですが、最大で3〜4程度をおすすめします。
  5. 項目数が多いほど、結果として選ばれるコーヒーは少なくなる傾向になります。
  6. 希望される価格レンジもスライドバーを左右に操作することにより加えることができます。(初期設定はすべての価格が適応/価格スライドバーは、PCのみ対応)

*各項目の評価はより客観的なものを目指しておりますが、弊店のローストの考え方(弊店の商品)、カッピングに基づく評価であり 絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。

Close
Home Menu Location Schedule Page Top
Directed by MAGNOLIA COFFEE ROASTERS